スキーにはまっています。


by 幸田 晋

誰も書かない森友疑惑追及に関する鴻池議員と共産党の謀略

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

誰も書かない森友疑惑追及に関する鴻池議員と共産党の謀略

「天木 直人の公式ブログ」  2017年3月10日より転載

 森友疑惑問題に対する関心が一気に高まったきっかけは、3月1日午後の参院予算委員会で小池晃共産党書記局長が安倍首相に対して、自民党代議士と森友学園理事長の面談記録を示して、安倍首相に迫った質問からだった。

 私はその時の国会中継を見ていたが、迫力があり、さすがの安倍首相も動揺を隠せなかった。

 私が驚いたのは、その質問が行われたわずか3時間ほど後の午後7時ごろに鴻池議員が記者会見を開いて、自分こそが、その質問で言及された代議士だったと認めた事だ。

 そして思った。

 何のための記者会見だったのだろう。

 共産党はどのようにして面談資料を鴻池事務所から入手できたのだろう。

 内部告発なのか。

 それとも鴻池議員と密議した上での連携プレーだったのか。

 この鴻池議員の記者会見を共産党はしていたのではないか。

 これたの疑問は、決して私一人の疑問ではなかったはずだ。

 誰もが抱く素朴な疑問だ。

 ところが、その後の報道を見ても、この鴻池議員と共産党との関係について書いたものは皆無だった。

 そしてやっときのう発売の週刊新潮最新号(3月16日)が書いた。

 あの記録は鴻池議員が共産党に渡したのだと。

 その理由は、麻生派の鴻池議員が、安倍首相が倒れた後にあわよくば麻生氏再登板を期待したためだと。

 鴻池議員が共産党に渡したのは鴻池サイドが認めた事実だ。

 麻生再登板の思惑があったかどうかは週刊新潮の推測だ。

 しかし、いずれにしても、森友疑惑をめぐる政局は奥が深いということだ。

 誰かが損をして誰かが得をするということだ。

 そしてはっきりしている事は、どう転んでも国民にとっては何のプラスにもならないということだ。

 万が一安倍政権が倒れても、野党連合が政権を取ることは絶対にないという事である(了)

*****





安倍首相の外遊を許すようでは森友疑惑追及もそれまでだ

「天木 直人の公式ブログ」  2017年3月10日より転載

 何度でも書いてき来たし、これからも書くが、今度の森友疑惑問題の
核心は、安倍首相を辞任に追い込めるかどうかである。

 もし野党共闘が安倍政権を総辞職に追い込むことが出来なければ、逆
に安倍一強はますます進み、今度は逆に野党共闘が壊滅的な打撃を受け
ることになる。

 文字通り森友疑惑問題の帰趨は、今後の日本の政治の行方がかかって
いる最大の政局問題なのである。

 果たして野党にはそこまでの覚悟があるのか。

 私が野党連合にその覚悟がないとはやばやと見限ったのは、野党が衆
院であっさり予算案を通したからだ。

 そして、きょう3月10日の読売新聞の記事がそれをだめ押ししてく
れた。

 安倍首相はドイツ、フランス、イタリアの歴訪に加え、ベルギーまで
訪問する方向で最終調整に入ったという。

 ただでさえ緊急必要性のない独仏伊外遊だ。

 それに加えてベルギーまで追加するという。

 いくら3月19日、20日の連休を使っての外遊だと言っても、その
週はすべて外遊に費やされる事になる。

 当然のことながら国会は開かれない。

 たとえ開かれても、安倍首相不在の国会質疑など誰も関心はない。

 こんな外遊を野党は認めたのだろうか。

 あるいは、これからの国会対策与野党協議で、野党は認めるのだろう
か。

 野党が安倍首相の外遊に異を唱えているという話は聞かない。

 このまま安倍外遊が当然視されるようでは、野党の森友疑惑追及も、
しょせんそれまでだということである(了)

*****
by kuroki_kazuya | 2017-03-11 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)