スキーにはまっています。


by 幸田 晋

まるで平成の忠臣蔵を見ているようだ

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

まるで平成の忠臣蔵を見ているようだ

「天木 直人の公式ブログ」  2017年6月21日より転載

 ついに安倍首相は絶体絶命のピンチに追い込まれた。

 腹心の萩生田官房副長官が圧力をかけた事がバレタからだ。

 それを示す文書の存在を松野文科省大臣が認めたからだ。

 なぜ隠し続けていた究極の文書の存在を認めざるを得なくなったのか。

 それは文科省の若手官僚たちが告発を止めなかったからだ。

 「あったものをなかったことには出来ない」

 この歴史的名言を残して安倍政権に切り捨てられた主君を見殺しにしなかったのだ。

 まるで忠臣蔵を見ているようだ。

 日本国民は忠臣蔵が好きだ。

 世論は安倍政権を許さないだろう。

 私が言った通り、安倍首相はあの開き直り記者会見で墓穴を掘った。

 ただひたすら平謝りに徹し、もう少し首相をやらせてくださいとお願いしておけばよかったものを、開き直って疑惑に蓋をしようとした。

 これを見た文科省の若手官僚は、「あったものをなかったものには出来ない」という主君の言葉に決起したのだ。

 ここまで来れば、あとは野党共闘が安倍首相を国会で介錯するだけだ。

 しかし、野党共闘の連中に言っておくが、安倍政権が倒れても、その功績は野党共闘にはなく、野党共闘に政権が転がり込む事もない。

 なぜなら、安倍政権を倒した主役は、前川次官と文科若手官僚の告発であり、それに意気を感じた世論であるからだ。

 なぜなら、安倍政権が倒れても、世論は野党共闘の政権交代など望んでおらず、安倍に代わる首相による自公政権が続くだけだからだ。

 しかし、もし野党共闘が、文科官僚の捨て身の告発をいかせず、安倍首相の逃げ切りを許すなら、今度こそ野党共闘は世論の怨嗟を浴びる事になる。

 木戸銭を返せという事になる。

 野党もまた今度の加計疑惑問題で試されているのだ。

 獣医学病院の建設を白紙撤回させて、税金の私物化を止めさせなければいけない。

 民進党の山井和則国対委員長はいみじくもテレビの前で語っていた。

 閉会中の国会審議が出来ないようでは国民から税金泥棒と呼ばれると。

 さすがに自覚している。

 加計疑惑問題を曖昧にして終わらせるようでは、安倍自公政権の政治家たちも、野党共闘の政治家たちも、国民の貴重な税金を私物化して政治ごっこに明け暮れる税金泥棒になる(了)


*****



小池百合子首相誕生のカギを握る名参謀若狭勝議員

「天木 直人の公式ブログ」  2017年6月21日より転載

 都議選直前になって、小池百合子知事が築地・豊洲市場の併存案を提示した。

 この事について賛否両論がメディアを賑わせているが、私が知事だったら同じ事をしただろう。

 都知事選前に提案しなければ、決められない知事として叩かれ、築地か豊洲かの二者択一なら、必ず一方から激しい批判を浴びる。

 それよりも何よりも、築地のブランドを完全に手放す事は、観光立国を目指す日本にとってあり得ない事だ。

 「築地は守る、豊洲を活かす」を基本方針とする小池百合子知事の提案に正面から反対できる者はいないはずだ。

 しかし、私がここで書きたいのは豊洲移転問題ではない。

 もはや死に体になりつつある安倍首相に代わるこの国の指導者は、小池百合子東京都知事しかいない。

 そのカギを握っている者こそ若狭勝議員である、ということについてである。

 発売中の週刊大衆(7月3日号)に、「都議選キーマン若狭勝議員独占インタビュー」という記事が掲載されている。

 これは国民必読だ。

 週刊大衆は「都議選キーマン」と書いているが、むしろ「小池首相誕生キーマン」という呼称こそふさわしい。

 そこに書かれている事は、徹底した安倍政権批判と、小池百合子こそ安倍晋三に代わるこの国の指導者にふさわしい人物であるということである。

 だからこそ、自分は小池百合子を支えて来たという若狭議員の信念だ。

 そこに書かれているキーワードは、「しがらみ政治からの決別」であり、「それが出来るのは女性だ」であり、そして「政治には正義が必要だ」という事である。

 その実現のために、「千万人と雖も吾行かん」(孟子)という覚悟である。

 実は私は4月7日に若狭議員を議員会館に訪れて、はなはだ、僭越でおこがましい事であるが、小池新党への期待と助言を伝えた事がある。

 それまで一面識もない私の面会要請に直ちに応じてくれた若狭議員を、私はそれだけで評価するが、その私の勝手な話に耳を傾けてくれたのが若狭議員だった。

 その時、私が若狭議員に語った事は、小池百合子の参謀になれるのはあなたしかいない、出来れば名参謀になって小池百合子をこれまで誰も真似のできなかったこの国の指導者にしてもらいたい、そのためには、都民ファーストの次は国民ファーストだ、徹底した情報公開だ、何よりも安倍首相の間違った歴史認識と憲法9条改憲を否定することだ、否定できないまでも、棚上げすることだ、と。

 その時、若狭議員は黙って聞き置くだけだった。

 しかし、安倍首相の自滅が見えて来た今こそ、名参謀役としての若狭議員の出番だ。

 都議会選の政局のカギを握ってるのは若狭勝議員であり、その若狭議員を名参謀にできるかどうかは、小池百合子の器量にかかっている(了)

*****
by kuroki_kazuya | 2017-06-22 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)