スキーにはまっています。


by 幸田 晋

2016年度の電源三法交付金 青森県内は141億円

2016年度の電源三法交付金 

青森県内は141億円


デーリー東北新聞社 6/21(水) 12:47配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-00010006-dtohoku-bus_all

 原発や核燃料サイクル施設の立地に伴う電源三法交付金で、青森県内の2016年度の交付実績は県と市町村分を合わせて141億2286万円だったことが20日、県の集計で分かった。5年連続の減少で、15年度の総交付額と比べ約13億円減り、算定方法が変わった11年度以降で最も低い水準だった。県原子力立地対策課は減少傾向について、各市町村の交付金充当事業が年度によってばらつくため―と説明している。

集計によると、
交付金の支給が始まった1981年度から
36年間の総額は、
県と市町村分で
3166億8268万円に上った


 交付金は水力、火力発電所の立地も対象となるが、大部分を原子力関連施設で占める。主な交付対象は県や、むつ、六ケ所、大間、東通の立地4市町村をはじめ、その隣接と隣々接の11市町村。

 16年度実績は高い順に六ケ所村33億4483万円、むつ市22億4894万円、十和田市8億1619万円―と続いた。県には36億734万円が交付された。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-06-22 06:58 | 土建 赤字 無責任 | Comments(0)