スキーにはまっています。


by 幸田 晋

誰も書かない日米2プラス2延期の本当の理由

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

誰も書かない
日米2プラス2延期の本当の理由


「天木 直人の公式ブログ」  
2017年7月05日より転載


 7月14日から開催されるはずだった日米の外務・防衛担当閣僚による安保協議(いわゆる2プラス2)が延期されたという。

 北朝鮮の脅威にどう対応するかは日米間の外交・防衛の喫緊の課題だ。

 いまこそ2プラス2が必要な時だ。

 それにもかかわらず米国側の都合で延期されたという。

 その理由はティラーソン国務長官の都合がつかなかったからだという。

 2プラス2より優先しなければいけない都合とは何か。

 7月14日に開かれるフランス革命記念日に、ティラーソン国務長官がトランプ大統領と共に出席するからだという。

 それならパリで行えばいいのだ。

 岸田・稲田両大臣にとっては、ワシントンでもパリでも、外遊する時間と手間は同じだ。

 マティス国防長官にはパリに来てもらわなければいけないが、ワシントンからパリに行くのは大西洋をひとっ飛びするだけだ。

 百歩譲って7月14日が無理でも、いくらでも直近の他の日を見つける事が出来る筈だ。

 それなのに、秋まで延期するという。

 その頃には北朝鮮情勢はどうなっているかわかったもんじゃない。

 なぜ日米2プラス2はそこまで延期されたのか。

 答えは稲田防衛相の居座りである。

 かつてマティス国防長官は、就任直後に初来日して稲田防衛相と会談した後、稲田防衛相で大丈夫かとあきれ果てたと報道された事があった。

 そもそも、稲田防衛相に対する自衛隊制服組の評判は悪い。

 マティス国防長官が、それを知らないはずがない。

 おまけに相次ぐ失言で、いまや稲田防衛相は死に体だ。

 次の内閣改造で交代必至だ。

 その稲田防衛相を直ちに更迭するのならまだしも、8月の内閣改造まで居座らせたのが安倍首相だ。

 マティス国防長官としては、馬鹿らしくて2プラス2などやってられるか、ということだ。

 そんな稲田防衛相を、自分の後継者の一人として甘やかす安倍首相もまた、あきれ果てられているに違いない。

 もはや日米同盟関係を最も危うくしているのは、安倍首相、その人である(了)

*****





逃げる安倍首相と、それを見逃す蓮舫・野田民進党

「天木 直人の公式ブログ」  2017年7月05日より転載

 反省しなければいけないと繰り返しながら、国会の閉会中審査から逃げる安倍自民党。

 さすがに逃げ切れないと思って応じた振りをしたまでは良かったが、安倍首相が外遊に逃げ込んだ時しか審査に応じない。

 都知事選の惨敗にもかかわらず、何も変わらない安倍自民党だ。

 それに対する蓮舫・野田民進党もまた何も変わっていない。

 顔ぶれが何も変わらないだけではない。

 国会対策の腰砕け振りもそのままだ。

 安倍首相不在のままの閉会中国会審査にあっさり妥協した。

 前川前次官の国会招致を勝ちとったと本気で考えているのならおめでたい。

 加計疑惑問題は、安倍首相による、安倍首相の、安倍首相のための疑惑だ。

 その安倍首相の不在の時に、前川前次官を国会に呼んで何の意味があるというのか。

 安倍首相の前で前川氏に本当のことをしゃべってもらって、安倍首相が逃げられないように追及する事に意味がある。

 それなのに、安倍首相不在の閉会中国会審査なんて、間抜けぶりもいいところだ。

 誰がそのような不毛な閉会中国会審査など、関心を持つだろう。

 安倍首相が帰国してからもう一度開くと要求してみたところで、安倍自民党は二度と応じないだろう。

 かくして、安倍自民党の都議会選惨敗の後でも、逃げる安倍首相と逃がす民進党の国会風景は何も変わらない。

 その行き着く先は、自衛隊明記の安倍改憲である。

 ここでも安倍首相は逃げ切り、民進党は見事に逃がす事になるだろう。

 どこまで行っても安倍暴政を手助けする蓮舫・野田民進党である(了)

*****





最強、最善の安全保障政策は憲法9条であると言い切る勇気

「天木 直人の公式ブログ」  2017年7月05日より転載

 北朝鮮がICBMの発射実験成功を発表した事に関し、外務官僚OBで、評論家の岡本行夫氏が、きょう7月5日の読売新聞紙上で次のように語っています。

 「今後も北朝鮮はミサイル発射をさらに行い、核実験も強行する可能性が高い」と。

 そして、北朝鮮がそのような、いわゆる「レッドライン」を越えたとしても、

 「実際には米国が軍事行動を取る事はないだろう。朝鮮半島で危機が高まった1993-4年、米国は北朝鮮攻撃を検討したが、報復で多数の犠牲者が予想されることから断念した。当時に比べ、北朝鮮の報復能力は格段に上がっている・・・」と語っています。

 その通りなのです。

 国際政治に詳しい者なら、みな内心はそう思っているはずです。

 しかし、単なる評論家ならいざ知らず、岡本氏のような、政権に近く、頻繁にメディアに登場しているいわゆる、保守、御用有識者が、ここまで断定的に言い切るには勇気がいります。

 なぜなら、それは、北朝鮮の思う壺であり、核拡散の正当化につながりかねないからです。

 それでも、そういう発言をする他にないほど、北朝鮮の核保有が現実的になりつつあるということなのです。

 しかし、その岡本氏でさえ絶対に言わない、言えない事があります。

 それは、「だからこそ、これからの世界は、憲法9条の精神で臨むしかない」という事です。

 イスラム国や北朝鮮の理不尽なテロ攻撃に対しても、決して軍事力を使わない、話し合いで解決する、などと言おうものなら、たちどころに世論の反発を受けるでしょう。

 だから、誰もそう公言する勇気はないでしょう。

 天下の護憲政党である共産党でさえ、そう言わないでしょう。

 そんなことを言えばたちどころに非現実的な政党と見なされ、野党共闘が吹っ飛ぶからです。

 そして、たとえ共産党がそう言ったとしても、「だから共産党なんだ」と相手にされずに、逆効果で終わるのがオチです。

 しかし、北朝鮮の度重なる核・ミサイル実験が教えてくれる事は、これからの世界平和の実現は、もはや憲法9条の精神しかないと言う事なのです。

 言い換えれば、憲法9条こそ、最強、最善の安全保障政策なのです。

 それを、勇気をもって世界に公言する政党、できる政党こそ、新党憲法9条なのです。

 いまこそ日本に新党憲法9条が必要な時です。

 人類の歴史は、新党憲法9条の正しさを必ず証明するでしょう(了)
 
*****
by kuroki_kazuya | 2017-07-06 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)