スキーにはまっています。


by 幸田 晋

日米首脳の無能さだけが目立ったG20サミット

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

日米首脳の無能さだけが
目立ったG20サミット


「天木 直人の公式ブログ」  
2017年7月09日より転載


 G20サミットが終った。

 今日の各紙はその報道で埋め尽くされているが、どれを読んでも今度のサミットで何が議論され、何が決まったか、さっぱりわからない。

 そう思っている人の為に解説する。

 今度のG20サミットは各国首脳の外交合戦であり、トランプ大統領と安倍首相の外交ベタばかりが目立ったG20だったということだ。

 およそ首脳同士の会議や会談は、首脳の数が多すぎるほど形骸化する。

 当然だろう。

 各国の利害が錯綜する外交で、首脳同士が話し合うのは、二国間首脳会談が最適である事は言うまでもない。

 いわゆるG7は、先進自由主義国という価値観の一致した首脳同士が集まるからまだ意味がある。

 それでも首脳同士で有意義な協議が出来るのは数カ国が限界で、そのG7も今では形骸化してしまった。

 価値観も、利害も、発展段階も異なる20カ国の首相が集まった首脳会議など、はじめから会議そのものには意味がなく、その場を借りた二国間の首脳会談が中心となる。

 そこで試されるのは各国首脳の外交力だ。

 その観点からみれば、今度のG20では、トランプ大統領と安倍首相の外交ベタが際立った。

 トランプについては言うまでもないだろう。

 北朝鮮問題でも、保護主義でも、環境問題でも、どの報道を見ても、米国の孤立ぶりを各紙が報道している。

 私が驚いたのは米露首脳会談だ。

 米国に対するサイバー攻撃をプーチンに抗議したと言う。

 これは自らの疑惑を晴らすための国内向けパフォーマンだが、プーチンからはそんな事はしていないと一蹴され、国内の民主党からは「追及不足」と責められている。

 当たり前だ。

 サイバー攻撃を世界の見ている前で二国間の首脳会談で通り上げる。

 この外交センスのなさに、トランプの無能さを見る思いだ。

 一方の安倍首相は、誰もが北朝鮮との話し合いを探ろうとしている時に、ひとり北朝鮮に対する圧力強化をふれまわり、中国包囲網で喧嘩している習近平に対しては、突如として一帯一路に理解を示して迎合した。

 支離滅裂だ。

 どうせ賛成するなら、どこよりも早く、強く、賛成した方が相手はありがたがる。

 そう言って小泉首相はいち早くブッシュのイラク戦争に支持表明した。

 まだ小泉首相のほうがわかりやすい。
 
 G20を開催したメルケルは立派に議長役をこなした。

 プーチンは一歩も譲らなかった。

 習近平も文在寅も、譲歩する振りをして言いたい事は言った。

 マキロンはいまや引っ張りだこだ。

 こう考えてみると、やはり、トランプ大統領と安部首相の無能さだけが突出したG20だったということだ。

 終わればさっさと帰国すればいいものを、その後スウェーデンを訪れて首脳会談する安倍首相。

 何を話すというのか。

 日本に帰りたくない気持ちはわかるが、どうせ逃げられないのだ。

 一日も早く帰国した方が自分の為にもいいと知らなければいけない(了)

*****




北朝鮮の核脅威を論じるNHK「日曜討論」のむなしさ

「天木 直人の公式ブログ」  2017年7月09日より転載

 北朝鮮がICBM発射に成功し、果たしてその先のシナリオはどうなるのか。

 日本の安全保障にとって最大の脅威である、この喫緊のテーマについて、きょうのNHK「日曜討論」が有識者を招いて討論している。

 それを聞きながらこれを書いている。

 そして、聞けば聞くほど虚しさが募り、馬鹿馬鹿しくなってくる。

 彼らがいくら北朝鮮や米国や中国やロシアの出方をもっともらしく分析してみてもはじまらない。

 当事国さえどう出たらいいかわからない事を、日本の有識者がわかるはずがないからだ。

 そんな事よりも、核戦争だけは何があっても起こしてはいけないのだ。

 そのためには、日本はどうすべきか、それだけに集中して議論すべきなのだ。

 そして、その唯一、最善の方策は、核保有国が率先して核使用を禁止し、核廃絶まで行き着くことしかない。

 それが世界の人々の願いであり、それを求めたのが核兵器禁止条約交渉だった、

 その条約交渉を頭からボイコットしたのが米中露という軍事覇権、核大国だ。

 その条約交渉を世界の先頭に立って引っ張っていくべき国が、唯一の被爆国である日本だった。

 その日本が、米国の核の傘に守られているからといて米国に追従し、世界の願いを裏切って、軍事覇権大国と一緒になってボイコットしたのだ。

 この大きな誤りを総括することこそきょうのNHKの「日曜討論」が行うべき事だった。

 いま行われている討論がむなしい本当の理由はそこにある(了)

*****




「野田幹事長が辞意」と報道した共同通信の衝撃

「天木 直人の公式ブログ」  2017年7月09日より転載

 共同通信が配信し、それをきょう7月9日の地方紙(下野新聞)が報じた。

 民進党の野田佳彦幹事長が、東京都知事選の敗北の責任を取るとして周辺に辞任の意向を漏らしていたことが分かったと。

 複数の党関係者が8日、明らかにしたと。

 その報道によれば、野田氏は共同通信の取材に対して、「政治家として自分の出処進退を軽々に話すべきことはない」と辞任を否定したという。

 周辺議員らが慰留を続けているという。

 しかし、このような報道が流されたらもう止まらない。

 野田幹事長の辞任は必至だ。

 そして、野田幹事長の辞任が、民進党にとってはもちろん、政局全体に与える影響は、はかりしれない。

 野田氏と言えば、民主党が政権をとってみずから首相だった時、国会の党首討論の場で、野党の安倍自民党党首を前にして、突然、解散・総選挙発言をして、民主党の崩壊を招いた張本人だ。

 その野田氏が、やはり今度も先走って辞任発言をしたとすれば、野田佳彦という国会議員は何もわかっていないということである(了)

*****
by kuroki_kazuya | 2017-07-10 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)