スキーにはまっています。


by 幸田 晋

安倍政権から「暴言バカ」が出続ける理由

安倍政権から
「暴言バカ」が出続ける理由


プレジデントオンライン 7/10(月) 15:15配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170710-00022556-president-pol

安倍政権から「暴言議員」の出現がとまらない。「魔の2回生」だけが問題なのか。元「週刊現代」編集長の元木昌彦氏は、「今のように質の悪い暴言・放言が増えたのは2001年の小泉純一郎内閣からだと思う」という。現在の安倍政権はその”伝統”を継いでいる。これでいいのか――。

■バカは隣の火事より怖い

 バカは隣の火事より怖い。立川談志の名言である。

 ウソがつけなくては政治家になれないが、最近の政治家はウソつきの上にバカが付くから始末が悪い。中でも「魔の2回生」といわれる安倍第2次政権下の2012年に初当選して、現在当選2回の若手政治家の質の悪さは、政治家と書いて「バカか」とルビを振りたくなるほどである。

 不倫した上、ストーカー登録までされた中川俊直。妻が妊娠中に不倫をした宮崎謙介。がん患者は働かなくていいといった大西英男。被災現場の水たまりをおんぶされて渡った務台俊介。マスコミを懲らしめるには広告料収入をなくせばいいといった大西英男など枚挙にいとまがない。

 そして極め付きは日本中を沸かせた豊田真由子センセイである。最初に報じたのは『週刊新潮』(6月29日号)。車中で55歳の政策秘書へ浴びせた罵詈雑言が録音されていて、新潮が音声データを公開したことから、テレビやネットを通じて全国に流れたのである。

 「この、ハゲーーーーっ! 」「おー!  おまえはどれだけあたしの心を叩いてる! 」「お前が受けてる痛みがなんだ!  あたしが受けてる痛みがどれぐらいあるか、お前分かるかこの野郎!! 」「このキチガイが!! ! 」

■流行語大賞は「ピンクモンスター」で決まり

 果ては「お前の娘がさ、通り魔に強姦されてさ、死んだと。いや犯すつもりはなかったんです。合意の上です。殺すつもりはなかったんですと。腹立たない? 」

 絶叫調ありミュージカル調ありで、豊田センセイは秘書の頭をボコボコにしたのである。激した理由は、支持者に送ったバースデーカード何十枚かの宛先が間違っていたことだというから、これまた驚く。

このセンセイ、
名門高校から東大法学部、
ハーバード大学大学院へ留学までして、
厚労省のキャリアから衆院議員に転身した
ピッカピカの経歴の持ち主である。

以前から、ここは秘書が居着かず、
当選して以来100人以上が逃げ出していると評判だった


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-07-11 06:25 | 反動 | Comments(0)