スキーにはまっています。


by 幸田 晋

最も効果的な反基地デモは米国大使館前の一点集中デモである

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

最も効果的な反基地デモは
米国大使館前の一点集中デモである


「天木 直人の公式ブログ」  
2017年7月23日より転載


 大手紙は東京新聞をのぞいてはほとんど報道しないが、毎日のように沖縄では辺野古移設反対のデモが現場や米軍基地前で行われている。

 きょう7月23日の東京新聞も、きのう22日、米軍キャンプ・シュワブのゲート前で約2千人が「人間の鎖」をつくって抗議集会を開いたと報じている。

 胸に迫る抗議だ。

 究極の抗議である。

 しかし、現場の人間や米軍基地の人間には決定権はない。

 デモは、決定権者を追いつめる形で行う事が効果的だ。

 決定権者とは誰か。

 それは、現場の人間や米軍基地の人間ではない。

 外務省や防衛省ではない。

 安倍官邸でもない。

 米国政府だ。

 そして、日本における米国政府とは、ホテルオークラに近接している米国大使館である。

 米国大使館を取り囲むデモや人間の鎖こそ、もっとも効果的なデモだ。

 だからこそ厳重な警備がそれを許さないだろう。

 しかし、玄関前でなくてもいい。

 遠巻きでもいい。

 デモが許される範囲で合法的に行えばいいのだ。

 毎日、毎日、明けても暮れても、雨の日も風の日も、皆が力を合わせて分担して反米デモを米国大使館前で行えば、間違いなくボデーブローのように効いてくる。

 ましてや四面楚歌のトランプの米国だ。

 そのトランプの米国に対して、かつてないほど日本で反米感情が高まり、それが米国国内や世界のニュースに報じられるようになると、トランプは考え直すだろう。

 普天間など止めてしまえと。

 在日米軍など撤退してしまえと。

 私は冗談で言っているのではない。

 デモは米国大使館前を取り囲むのだ。

 ハガティ駐日大使の着任日にあわせて最大規模のデモを起こすのだ。

 米国が最も恐れて、そして弱いものは、反米感情の高まりである(了)

*****




米イージス艦事故の原因をCNNニュースで知るしかない日本

「天木 直人の公式ブログ」  2017年7月23日より転載

 米イージス艦とフィリピン国籍のコンテナ船が静岡県・伊豆半島沖で衝突したのは6月中旬だった。

 それから一か月以上たったというのに、事故原因について我々は何も知らされなかった。

 ところが、きょう7月23日の各紙が一斉に報じた。

 あの衝突はイージス艦側による複数の過失と対応の不備によって引き起こされたとみられると。

 それらの記事をよく読むと、書きぶりはどれも同じ記事だ。

 無理もない。

 日本の各紙が一斉に報じた内容は、米テレビCNNが21日に流した報道内容をそのまま引用しているからだ。

 ここに、この国の主権のなさが見事に見て取れる。

 いやしくも日本の領海内で起きた大事故だ。

 衝突されたのはフィリピン国籍のコンテナ船といっても、日本郵船が雇った船だ。

 米軍艦船による衝突は、これまでも日本の漁船などがたびたび被害にあっていることから、他人事では済まされないはずだ。

 それなのに、一か月以上たっても事故究明が全くなされない。

 それは米軍に対する調査権が日本にないからだ。

 それでも、日本のメディアが日本国民のためを思って事故究明に向けてまじめに調査報道するつもりがあったなら、日米両政府や在日米軍、海上保安庁などを取材して、その後の調査状況について記事に出来たはずだ。

 しかし、まったくそのニュースがないまま、一か月が過ぎた。

 そして、いきなり米イージス艦側の過失だったと報道する。

 臆面もなくCNNニュースがそう伝えたと報じる。

 この国は、政府はもとよりメディアまでも、米軍に対する主権放棄が当たり前のようになってしまったごとくである。

 まともな日米関係が築けるはずがない(了)

*****




それでも南北対話を呼びかける文在寅大統領に感動する

「天木 直人の公式ブログ」  2017年7月23日より転載

 6月30日に行われたトランプ大統領との初の首脳会談で、文在寅韓国大統領は、北朝鮮との対話の重要性を訴え、私を感動させた。

 もっと感動したのは7月6日にベルリンで演説し、北朝鮮に南北統一の諸提案を呼び掛けた事だ。

 いうまでもなくベルリンは東西ドイツ統一の象徴的な場所だ。

 残念ながら北朝鮮はこの呼びかけに応じようとはしていない。

 それどころか、あらたなミサイル実験や核実験さえも行いかねない頑なさだ。

 その北朝鮮の反応を見て、日本のメディアは文在寅大統領の甘さを批判する報道が見られる。

 東京新聞でさえ、「対話 手詰まり感強まる」と報じている(7月22日)。

 しかし、間違っているのは金正恩の北朝鮮だ。

 その北朝鮮を批判して、更なる制裁強化を進めようとする米国や日本だ。

 同じ民族が、政治的イデオロギーの為に起きた戦争に引き裂かれ、いまでも悲しんでいる。

 そのような状態を、一日もはやくなくすことは指導者の責務であり、歴史の要請である。

 それを拒む金正恩は間違っている。

 ただ、それだけだ。

 金正恩に拒否されてもなお対話を呼びかける在文寅大統領は感動的だ。

 文在寅大統領の正しさは必ず歴史が証明するだろう(了)

*****
by kuroki_kazuya | 2017-07-24 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)