スキーにはまっています。


by 幸田 晋

なぜか問われない河野克俊統幕議長の責任

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

なぜか問われない河野克俊統幕議長の責任

「天木 直人の公式ブログ」  2017年7月28日より転載

 いま我々が目にしているのは防衛省という組織の未曽有の混乱である。

 稲田大臣に、刺し違え覚悟の辞任をまっさきに表明したのは岡部陸幕僚長だった。

 こうなれば稲田大臣も辞任せざる得ない。

 いや、本当のところは安倍首相によって、もはや辞任しかないと引導を渡されたのだ。

 ここまでの混乱を招いてしまった以上、防衛官僚トップの黒江事務次官の引責辞任もまた避けられない。

 ところが、メディアが一切言及しない事がある。

 それは河野克俊統幕議長の責任問題だ。

 統幕議長は、陸幕長の上に立つ制服組のトップだ。

 実際のところ、「戦闘」という言葉を軽々に使うなという指示を出したと一部報道されていた。

 そうでなくとも、部下の岡部陸幕長が引責辞任し、文官のトップの黒江事務次官が引責辞任した以上、河野統幕議長の責任が不問のままであることはあり得ない。

 それにもかかわらず、どの記事を見ても河野克俊統幕議長の責任に言及したものはない。

 なぜか。

 わたしには分からない。

 しかし、はっきりしている事は、河野統幕議長が米国との関係が良好であるということだ。

 そんな河野統幕議長を評価して、本来ならば岡部陸幕長が持ち回りで統幕議長になるところを、安倍首相は河野統幕議長の任期を二度も延長していることだ。

 果たしてきょうにも公表される特別防衛観察に、河野統幕議長の責任についてどのような言及があるのか、ないのか。

 私にとって最大の見どころである(了)

*****




目の前の安倍自民党と蓮舫民進党を比べてみる

「天木 直人の公式ブログ」  2017年7月28日より転載

 いま我々が目にしているのは、政権政党である安倍自民党と野党第一党の蓮舫民進党の負け比べである。

 安倍自民党と蓮舫民進党のどちらが国民にとって危険か。

 もちろん安倍自民党である。

 安倍自民党と蓮舫民進党のどちらが追い込まれているか。

 もちろん安倍自民党である。

 それでは、安倍自民党と蓮舫民進党の先行きはどちらが暗いか。

 残念ながら蓮舫民進党である(了)

*****




自爆テロをやめさせるにはどうすればいいかと問われた今上天皇

「天木 直人の公式ブログ」  2017年7月28日より転載

  きょう7月28日の朝日新聞が鳩山由紀夫元首相とのインタビュー記事を掲載していた。

 「平成と天皇 首相経験者に聞く」という連載の第4回目のインタビュー記事である。

 その中で鳩山氏は天皇陛下に内奏した時のことをこう明かしてる。

 皇太子時代に美智子さまと訪れたアフガニスタンで自爆テロが頻発している事について、「自分の命を失うことで天国に召されると信じている人びとに、自爆テロをやめさせるのはどうすればいいんでしょうか」と天皇陛下がおっしゃったというのだ。

 まさしく現在の国際政治における究極の問いかけである。

 天皇陛下はここまで国際政治に関心を持たれているということだ。

 それに対して鳩山氏は、とりあえず「若者を過激なイスラム主義に追いやっている貧困に手立てを講じる事が、結果的にテロをなくす道につながるのではないでしょうか」と申し上げたが、正直にいって難しい問いに言葉に詰まったと告白している。

 残念だ。

 なぜその時鳩山氏は憲法9条の精神に言及しなかったのだろう。

 米国をはじめとした軍事覇権国が軍事力に任せて他国や他民族を弾圧さえしなければ、そもそもここまで激しい抵抗運動は起きなかったでしょう。いまこそ日本は憲法9条の素晴らしさを世界に訴える時だと思いますと。

 鳩山氏がその時、そう天皇陛下に答えたなら、天皇陛下は我が意を得たりと納得された違いない。

 このインタビュー記事を読んで、私は天皇が退位される前に、何としてでも新党憲法9条を実現したいという思いに駆られたのである(了)

*****




安倍政権のこのまま天皇退位を急がせていいのだろうか

「天木 直人の公式ブログ」  2017年7月28日より転載

 もはや安倍政権は死に体である。

 それに輪をかけたように野党の政権担当能力は不明だ。

 こんな政治状況の中で、天皇退位を急いでいいのだろうか。

 ところが、きょう7月28日朝日新聞が報じている。

 政府は天皇陛下の退位と改元の期日を9月中にも決めて公表する方向で検討に入ったと。

 当初は来年夏ごろまでの決定を想定していたが、期日を早めたほうが皇位継承の準備がスムーズに進むと判断したという。

 安倍政権はなぜそんなに急ぐのか。

 朝日新聞のその記事は書いている。

 退位日が9月に決まれば、あとは準備が本格化すると。

 2018年12月下旬には陛下の退位と皇太子の即位が行われ、19年元旦には改元されると。

 遅くとも19年4月1日には即位と改元が行われると。

 しかし、朝日新聞のその記事は同時にこう教えてくれている。

 天皇陛下の退位を実現する特例法は、退位日に当たる特例法施行日について、特例法が公布された今年6月16日から三年を超えない範囲で政令で定めると。

 つまり退位は2020年6月までの間に行われればいいということだ。

 退位日を前倒しする緊急必要性はどこにもない。

 ましてやいまは政党政治が危機的状況にある。

 このまま安倍政権に退位を急がせていいのだろうか(了)

*****
by kuroki_kazuya | 2017-07-29 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)