スキーにはまっています。


by 幸田 晋

日本は「原発新増設」も視野 エネ基本計画見直しへ

日本は「原発新増設」も視野 

エネ基本計画見直しへ


東京新聞 2017年8月1日 夕刊より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201708/CK2017080102000251.html

 経済産業省は一日、国のエネルギー政策の指針となる「エネルギー基本計画」の見直しに着手すると発表した。これまで「想定していない」としてきた新しい原発の建設や老朽原発の建て替えの必要性を、将来の課題として盛り込む構え。しかし原発の建設や建て替えに対する世論の慎重論は根強く、議論は曲折が予想される。

 世耕弘成(ひろしげ)経済産業相は一日の閣議後の記者会見で「現計画の骨格を変える必要はないと思うが、ゼロからしっかり議論する」と話した。

 経産省が選んだ学識者による二つの審議会で話し合い、二〇一八年三月末までに新計画の素案をまとめる。原子炉等規制法は原発の稼働期間を原則四十年、特例を適用しても六十年と定めており、将来は廃炉になる原発が増える。
経産省幹部と
自民党議員の一部は
「原発は必要だ」と強調。

経産省は
原発の新設や建て替えの必要性を
計画に盛り込みたい意向だ


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-08-02 06:25 | 核 原子力 | Comments(0)