スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<マツダ>燃費3割改善 新型エンジン、19年から投入

<マツダ>燃費3割改善 

新型エンジン、19年から投入


毎日新聞 8/8(火) 20:36配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170808-00000110-mai-bus_all

 マツダは8日、燃費性能を現行より3割高めたガソリンエンジンを搭載した新型車を2019年から発売すると発表した。燃料が少なくても効率よく燃やせる世界初の技術を用いるとしている。環境規制の強化で世界的に車の電動化が進んでいるが、当面は内燃機関が主流との見方は多くの自動車メーカーに共通しており、エンジン技術の向上が今後も競争のカギを握りそうだ。

マツダは同日発表した
30年までの技術開発ビジョンで、
二酸化炭素(CO2)排出量を
30年までに10年比で50%削減すると表明

達成に向け、
ガソリンとディーゼルの特徴を併せ持ち、
燃費性能と駆動力をそれぞれ3割高めた
「スカイアクティブ-X」と呼ぶ
新エンジンを19年から投入するとしている


 東京都内で記者会見した小飼雅道社長は、「将来も世界的に大多数を占めると予測される内燃機関を活用し極限までCO2削減を進める」と述べ、エンジン性能に磨きをかけ続ける姿勢を強調した。

 一方、内燃機関への規制を強める欧米や中国などの市場に対しては、今月4日に資本提携を発表したトヨタ自動車と共同開発する電気自動車(EV)など電動車両で対応する。12年に生産終了した小型で高出力が特長の「ロータリーエンジン」を、電池残量が減った際の発電に使う独自のEVを20年までに発売する方針も明らかにした。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-08-09 06:35 | 資本 | Comments(0)