スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<避難解除地域>家守る苦肉の「柵」 野生動物、駆除に限界

<避難解除地域>家守る苦肉の「柵」 

野生動物、駆除に限界


毎日新聞 8/16(水) 21:07配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170816-00000077-mai-soci

 東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が解除された地域で、街中にすみ着いた野生動物から帰還者の生活を守ろうと、人家を丸ごと柵で囲う作戦が試験的に始まった。
避難指示期間中に
市街地で生まれ育った動物の
個体数が増え続けた一方で、
解除後の住民の帰還率が
2割程度と低いことが背景にあるという

駆除にも限界があり、当面、街を動物とすみ分ける試行錯誤が続きそうだ。

 「『人間が檻(おり)に入る』なんて冗談みたいだけど、イノシシの侵入が防げるならありがたい」。避難先から夫と福島県浪江町の自宅に戻った40代女性が、50メートル四方の敷地をぐるりと囲った高さ1.2メートルの鉄製フェンスを見ながら言った。

 フェンスは、県などが原発事故で避難を強いられた周辺12市町村を対象に試験的な設置を始めたもので、女性は「イノシシは毎夜のように来る。群れで現れたり納屋を開けようとしたり、怖い思いを毎日してきた」と歓迎した。町も効果を検証した上で、宅地へのフェンス設置費用を補助する施策を検討する。

 福島県内の避難指示は今春までに、大熊町や双葉町などの帰還困難区域を除くほとんどの地域で解除された。だが、避難の長期化で、イノシシが市街地の竹やぶや川沿いの草むらを寝床にしたり、ハクビシンやアライグマは民家の天井裏をすみかにしたりしてしまった。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-08-17 06:58 | 東電 出鱈目 資本 | Comments(0)