スキーにはまっています。


by 幸田 晋

日米同盟強化に本気で反対の声を上げない社民・共産の大罪

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

日米同盟強化に本気で反対の声を上げない社民・共産の大罪

「天木 直人の公式ブログ」  2017年8月18日より転載

 ここまで日米軍事同盟が強化され、憲法9条がないがしろにされているというのに、護憲を売り物にする社民党や共産党は一体なにをボヤボヤしているのだろう。

 自民党と連立を組んで自滅し、もはやなくなりつつある社民党は自業自得だとしても、天下の護憲政党である共産党の罪は深い。

 実際のところ、私がさんざん批判している安倍政権の対米従属の外交・安保政策は、本来ならば共産党が政治の場で正面から批判すべきものばかりだ。

 しかし、いまの共産党を見ていると、野党共闘に狂奔するあまり、その外交・安保政策を棚上げしてしまった如くだ。

 これは大きな間違いだ。

 民進党の代表選が前原になろうと、枝野になろうと、民進党の外交・安保政策は安倍自民党のそれと何も変わらないことは自明だ。

 共産党は、そんな政党と連立を組んで憲法9条が守れると思っているのだろうか。

 ましてや、共産党が民進党と連立を組んで政権を取れると本気で思っているのだろうか。

 そうではないだろう。

 共産党の言う野党共闘は、あくまでも共産党の党勢を維持するための戦略でしかないのだ。

 そんなことで、憲法9条を見殺しにするなら、その罪万死に値する。

 いまこそ共産党は、連立政権などというおためごかしに狂奔することをやめ、元の「唯一の野党」、「唯一の護憲政党」に戻って、安倍首相の外交・安保政策の誤りを追及すべきだ。

 結果として、そのほうが共産党の存在価値を高める事になる。

 このままでは共産党は安倍自民党の隠れ支援者になる(了)

*****




秘書の給与を非公開にする小池百合子の前途多難

「天木 直人の公式ブログ」  2017年8月18日より転載

 きょう8月18日の読売新聞に、一段の小さな記事だが、極めて重要な記事を見つけた。

 その記事は、フリージャーナリストの三宅勝久氏が17日、小池百合子知事の特別秘書の給与額などの情報を開示しないのは不当として、東京都を相手取って訴訟を起こしたという記事だ。

 私がその記事に注目したのは、三宅勝久氏というジャーナリストを知っているからだ。

 いじめで自殺に追い込まれた自衛官の家族の為に活動して来たフリージャーナリストで、で私も何度かインタビューを受けたことがある。

 信頼できるフリージャーナリストの一人だ。

 そして私が注目したのは、その政策秘書が野田数氏であり、東京都が情報開示を拒否しているところだ。

 東京都の判断はそのまま小池百合子都知事の判断である。

 この読売新聞の記事は、場合によっては小池都知事にとって致命的ダメージになる恐れがある。

 何しろ情報公開は小池百合子都知事の公約だ。

 野田数さという特別秘書は、日本会議につながるウルトラ保守だ。

 もし小池都知事が、この記事が読売新聞紙上で報道された後も、三宅勝久氏の訴訟と対決するなら、小池氏は大きな誤りを犯す事になる。

 私が小池氏なら、すぐに野田数しと話をして情報開示に努める。

 給与明細の公開は個人の権利や利益を害する事になる、などといった言い訳が通用するはずがない。

 小池百合子東京都知事の正念場である(了)

*****




憲法9条を完全に葬り去る今度の日米外務・防衛相会合

「天木 直人の公式ブログ」  2017年8月18日より転載

 きょう8月18日の各紙が一面トップで今度の日米外務・防衛担当閣僚会合の結果を報じている。

 それもそのはずである。

 メディは皆知っているのだ。

 今度の会合は、日本の戦後の外交・安全保障政策の歴史的転換を意味する極めて重要な会合であることを。

 これまでの政策は、いわゆる盾と矛だった。

 つまり、攻撃は米国に任せ、日本は日本の守りに専念するという役割分担だ。

 憲法9条を持つ日本のギリギリの選択だ。

 しかし、今度の合意は、日本も米国と一緒にミサイル戦争を行う体制を強化するという合意である。

 しかも莫大な日本の予算を使って、米国の軍産複合体に我々の血税を差し出す合意だ。

 陸上配備型「イージス・アショア」の導入を約束した事がその象徴だ。

 こんな馬鹿な合意があるというのか。

 赤字、赤字と騒いで財政再建の重要を強調し、増税や、社会保険・医療保険の負担増で日本国民を生活困窮に追い込んでおきながら、その財源を米国の戦争に差し出して浪費する。

 我々は、戦争で死ぬ前に、生活苦で死ねと言われているようなものだ。

 しかし、あきらめるにはまだ早い。

 少なくとも我々はまだ憲法9条を握っている。

 憲法9条を手放してはいない。

 新党憲法9条をこの国の政治に登場させて、憲法9条こそ日米同盟の上に立つ日本の国是だ、ということを国民に気づかせて見せる。

 国民はいまこそその怒りをぶつけるのだ。

 いまこそ新党憲法9条に望みを託すのだ(了)

*****




稲田防衛相がなつかしい

「天木 直人の公式ブログ」  2017年8月18日より転載

 米国が稲田防衛相の更迭を安倍首相に求めた理由がわかった。

 そう思わせるような今度の日米外務・防衛担当閣僚会合だ。

 今度の合意は、すでに書いたように、極めて深刻な意味を持つ合意だ。

 そして今度の会合はもっとはやく開かれるはずだった。

 しかし、稲田朋美氏が防衛相である時に会合を開くことを米国は嫌った。

 稲田大臣で大丈夫か、と言って会合を延期させた。

 なぜか。

 それはこんな重要な合意を行うには稲田氏では危ないと米国が考えたからだ。

 稲田大臣が防衛に素人だからではない。

 日本の防衛大臣などは素人でもいいのだ。

 なぜなら米国の言いなりになるしかないからだ。

 米国が稲田氏を嫌ったのは、稲田氏が日本国民の信用を失いつつあったからだ。

 そんな稲田大臣が合意したとなると、日本国民が日米合意を信用しなくなる。

 こんな重要な合意を、稲田防衛相にさせて大丈夫なのかと。

 せっかくの合意が日本国民に疑義を持たれては、元も子もなくなる。

 その一方で北朝鮮の危機は待ったなしだ。

 これ以上2プラス2を開くことを遅らせることは出来ないから、はやく稲田大臣を更迭しろと米国は安倍首相に迫ったのだ。

 もち論、稲田大臣から小野寺大臣に代わっても、米国にとってはどうでもいいことだ。

 日本の官僚は米国の言いなりであり、その官僚におんぶにだっこの日本の大臣は誰であろうとも、米国の言いなりだ。

 しかし、同じ言いなりでも、稲田朋美では日本国民は相手にしない。

 小野寺氏に代われば、日本国民も納得する。

 いまとなっては稲田防衛大臣がなつかしい。

 稲田防衛大臣が合意する日米同盟強化など、信用できない、そう言って野党が合意そのものを国会で審議し、やり直しを求める事ができるからだ。

 同じ対米従属でも、もっともらしい印象を与えて日本国民をごまかす小野寺防衛相のほうがたちが悪い(了)

*****
by kuroki_kazuya | 2017-08-19 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)