スキーにはまっています。


by 幸田 晋

核のゴミ捨て場 「科学的特性マップ」は危うい

核のゴミ捨て場 

「科学的特性マップ」は危うい


ニュースソクラ 8/21(月) 18:01配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170821-00010000-socra-pol

「 トイレなき原発」の恐怖を直視せよ

 原子力発電所の使用済み燃料からでる高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の処分地選びに向けて、政府(経産省)が「科学的特性マップ」を公表した。

 地図は活断層や火山、地層の安定性などの情報をベースに日本全土を4区分に分類している。火山から15キロ以内や活断層の近くなど地下の安定性から好ましくないと推定される地域、地下に石油や天然ガス、石炭などがあって将来採掘される可能性のある地域を「好ましくない地域」としている。これら以外の国土の約3割が「適地」の可能性があると指摘している。
適地可能地域のうち、
海岸から20キロ圏は
輸送面からも最も好ましい地域とされており、
日本列島の大部分の海岸線が
この最も好まし地域に含まれている


 最終処分場は使用済み燃料からウランやプルトニウムを回収した後の液状の高レベル放射性廃棄物をガラスと混ぜ固化体にして,金属製容器に入れ300mより深い地層中に処分(地層処分)する場所だ。核のごみが無害化するまでには数万年から10万年の歳月が必要とされ、その間安全に保管しなければならない。そのような安全地域は地球全体で見てもごくわずかしか存在しない。

・・・(途中略)

 だが国是として原発推進を目指す政府は、安定的電力供給を優先して、商業原発を増加させてきた。その結果、使用済み燃料は今や2万トン近くに達している。先送りしてきた最終処分場探しは待った無しの段階に追い込まれている。

・・・(途中略)

 今回政府が公表した「科学的特性マップ」は、民間に頼らず、政府主導で候補地探しをする決意を示したものと受け取られている。マップによると、可能性のある自治体は900にも及ぶ。調査を受け入れた市町村などには最初の「文献調査」に年間10億円、次の「概要調査」には年間20億円を上限に交付金が支給される。財政難の自治体にとってはのどから手が出るような魅力的な話だ。

・・・(途中略)

 「科学的特性マップ」が本当に科学的かどうかに対する疑問も投げかけられている。
最長10万年の歳月を考えれば、
その間の火山活動や地震の規模、頻度、地層の変化などを
現在手に入れることができる情報だけで
科学的に予想することなどとても不可能で、
「科学的」と名付けた特性マップこそ
逆に非科学的だと言わざるをえない


 核のごみの最終処分場は、懸命な探査努力にもかかわらず欧米やロシアなどでもまだ適地が見つかっていない。唯一最終処分場が決まったフィンランドとスウエーデンは岩盤が厚く10万年保存が可能な特異な地層の国だ。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-08-22 06:58 | 核 原子力 | Comments(0)