スキーにはまっています。


by 幸田 晋

国家予算の26%をつぎ込んだ「人造石油」計画

国家予算の26%を

つぎ込んだ「人造石油」計画


東洋経済オンライン 8/30(水) 9:00配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170830-00185829-toyo-bus_all

日本人はなぜあの戦争を止められなかったのか、あの戦争にいったいどれだけのカネがつぎ込まれたのか。
太平洋戦争に突入する前夜の日本、「戦艦大和」の建造計画を阻止するために山本五十六が海軍に招じ入れた若き天才数学者・櫂直(かい ただし)を主人公にしたマンガ『アルキメデスの大戦』の作者・三田紀房さん。

山本五十六をダマして
「水からガソリンを製造する」実証実験を
霞が関の海軍省で行った
詐欺師・本多維富を

歴史の闇から発掘した
歴史ノンフィクション
『水を石油に変える人 山本五十六、不覚の一瞬』の
著者、山本一生さん


2017年8月、2人の異色対談が実現した。架空の天才と希代の詐欺師が照らし出す戦前昭和をのぞくと、現代の日本、そして北朝鮮問題が見えてくる――。

■国家予算の26%をつぎ込んだ「人造石油」研究

 三田紀房(以下、三田):『水を石油に変える人』ですが、非常に面白かったです。いわゆる「水からガソリン」事件のあらましは知っていたので、イカサマ行為が露見して詐欺師らが捕縛されるのは、もうわかっている。でも面白くて読んじゃう。まるで「刑事コロンボ」を見ているような感覚。犯人は最初にわかっているのに最後まで楽しく読める。そんな上級推理サスペンスのような1冊でした。

 山本一生(以下、山本):『アルキメデスの大戦』を読ませていただき、フィクションなんだけど、よく史実を勉強されているなと思いました。そして最後をどうまとめるのかが非常に気になる。まだ太平洋戦争どころか日中戦争も始まってないんだけど、この漫画のなかの日本はどうなるのか、そして物語の最後がどうなるのか、この先、三田さんがあの時代をどう料理するのか、それが楽しみです。

 三田:ありがとうございます。『アルキメデスの大戦』では、日本海軍の航空燃料について触れる場面が出てくるのですが、当時の燃料事情についてお聞かせ願えませんか? 

 山本:戦前の日本は石油の9割を海外に依存していて、そのほとんどをアメリカからの輸入に頼っていました。そこで自給率を高めようと、石炭液化、いわゆる人造石油と呼ばれるものに手を出し、深みにはまっていきます。

 三田:人造石油については山本先生の『水を石油に変える人』にも書かれていますね。

 山本:昭和11(1936)年、
日本は、この人造石油に
当時の金額で7億7000万円もの巨費を投じる
壮大な7年計画に着手します。

これは計画最終年の昭和18年度に
重油とガソリン各100万キロリットル生産する
というもので、国内需要の約4割を自給自足する
という計画でした


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-08-31 06:25 | 学ぶ | Comments(0)