スキーにはまっています。


by 幸田 晋

富岡60億円、楢葉40億円 指定廃棄物処分の交付金、配分決定

富岡60億円、楢葉40億円 

指定廃棄物処分の交付金、配分決定


福島民友新聞 9/5(火) 11:48配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170905-00010011-minyu-l07

 東京電力福島第1原発事故で出た県内の指定廃棄物を富岡町の国有埋め立て処分場(旧フクシマエコテッククリーンセンター)で最終処分する計画で、県は4日、富岡、楢葉両町の地域振興策を支援する交付金100億円の配分を、富岡町に60億円、搬入路のある楢葉町に40億円とすると発表した。

 県は9月補正に「特定廃棄物埋め立て処分事業地域振興交付金」として100億円を再計上した。交付額の配分額について県は、1キロ当たり8千ベクレル超、10万ベクレル以下の指定廃棄物の最終処分に伴う負担や影響の大きさ、風評被害緩和対策など対象となる事業規模を踏まえ、両町と協議して決めた。県中間貯蔵施設等対策室は「単純に処分場の立地や搬入路があるといった条件で決めたわけではない」としている。

交付金は、
必要な場合に使えるよう
今後、両町が創設する基金に積み立てる

対象となる事業は、風評対策や古里との絆を維持する事業、生活空間の維持・向上、人材育成・就業支援、企業導入・産業活性化などのほかに処分事業に伴う「影響を緩和するために必要な地域振興策等」を加え、交付金の自由度を高めた。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-09-06 06:53 | 財政 | Comments(0)