スキーにはまっています。


by 幸田 晋

完成は20年遅れ、建設費は4倍! 原発再処理工場建設費がまた増えた

完成は20年遅れ、建設費は4倍! 

原発再処理工場建設費がまた増えた


〈dot.〉

AERA dot. 9/22(金) 7:00配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170920-00000095-sasahi-soci

 原発の再処理工場建設費用が約2兆9千億円になったという。なぜここまで膨らんだのか? 毎月話題になったニュースを子ども向けにやさしく解説してくれている、小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』に掲載された、朝日新聞編集委員・上田俊英さんの解説を紹介しよう。

*  *  *
 
原子力発電所(原発)の使用済み核燃料からプルトニウムを抽出する
日本原燃の六ケ所再処理工場(青森県六ケ所村)。

その建設費がまた膨れ、約2兆9千億円になった。
当初は約7600億円とされていたから、
4倍近くになったわけだ。

完成も
当初予定の1997年が、
22回も延期され、
すでに20年も遅れている


 再処理工場の建設費は何度も見直され、2005年に2兆1930億円にまで膨れあがっていた。
そして今回、東日本大震災を教訓に
つくられた新規制基準に対応する安全対策に、
さらに約7500億円かかることがわかった


これにともない、
完成後40年間の総事業費も
約1兆3千億円増えて、
約13兆9千億円になる見込みだ。

この費用は
原発をもつ電力会社から集める。

つまり、私たち国民が
電気代という形で負担することになる


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-09-23 06:58 | 核 原子力 | Comments(0)