スキーにはまっています。


by 幸田 晋

安倍やぶれたり!

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

安倍やぶれたり!

「天木 直人の公式ブログ」  2017年9月26日より転載

 きのうの夕方の安倍首相の解散・総選挙の記者会見は、思った通りの無意味なものだった。

 愚にもつかない理由を長々としゃべっていたが、一言で言えば選挙で信任を受けてさらに政権を続けたいというだけの記者会見だった。

 そこで止めとけばまだ傷が浅く済んだのに、そのあとテレビ局をはひごして、墓穴を掘った。

 語れば語るほど突っ込まれ、答えに窮する始末だ。

 これでは、選挙が始まって、安倍首相が演説を重ねれば重ねるほど、どんどんと国民が離れて行くだろう。

 そして、今度は自ら仕掛けた、自らの信任を問う選挙だから、演説から逃げるわけにはいかない。

 それにくらべ、小池百合子は見事だ。

 劣勢と見るや、すべてをリセットすると宣言して今度の選挙に全面的に参加する事を宣言した。

 しかもパンダの名前の発表とあわせて、「希望の党」を発表した。

 安倍首相の記者会見を上書きするかのように、その一歩先に参加宣言し、しかも安倍政権との対決姿勢を示した。

 選挙の帰趨を決めるのは党首の発信力だ。

 うそつき安倍首相が語れば語るほど、聞くものは離れて行く。

 その一方で、小池都知事が語れば語るほど、期待が膨らむ。

 小池嫌いの日刊ゲンダイは、小池新党をポンコツの掃き溜めとこき下ろしている。

 集まってくる顔ぶれをみるとその通りだ。

 しかし、今の政治家は、どの党も、ほとんどの政治家が選挙で勝つためには何でもするポンコツばかりだ。

 いまは、安倍を許すか、逃がすか、の判断を下す時だ。

 そして安倍首相をここで逃がしてはいけない。

 小池百合子は確かにその本性は右翼だ。

 安倍以上の筋金入りの右翼かもしれない。

 しかし、小池百合子は右翼以上に、これ以上ない現実主義者だ。

 いざとなれば民意を優先して自らの考えを封印することができる。

 ここが安倍首相との大きな違いだ。

 今度の解散・総選挙は誰が見ても自らの延命を狙った安倍首相の総選挙の私物化だ。

 こんなことを許すようでは日本の政治は終わり、日本は終わる。

 いまの政治家で安倍暴政を阻止することのできる唯一の政治家は小池百合子だ。

 なにしろ、日頃あれだけ小池百合子に批判的な片山善博前鳥取県知事が、知事と国政政党トップの二束のわらじをはこうとする小池百合子を批判しながらも、安倍首相の解散をまさに自己都合のなんでもあり解散だと酷評してこう語っている。

 「小池知事が政党代表として打って出るのも正当防衛とは言える」と(9月26日毎日新聞)

 ここまで片山に言わしめた小池百合子の勝ちだ。

 安倍破れたり!である(了)

*****




目にあまる米国の北朝鮮に対する軍事的挑発

「天木 直人の公式ブログ」  2017年9月26日より転載

 米国防省がB1戦略爆撃機を北朝鮮沖の国際空域を飛行したと発表した。

 ご丁寧に、この飛行は、南北休戦ラインである非武装地帯から「今世紀では最も北の空域を飛行した」と発表している。

 あの太平洋戦争を体験した事のある人にとっては爆撃機と言えばB29だ。

 国際法に違反して日本全土を無差別爆撃して焦土にした爆撃機だ。

 その後、米国の爆撃機は進歩を重ね、爆撃を表すBを頭に様々な数字の爆撃機が開発されてきた。

 そのもっとも破壊力のあるのがB1である。

 それを北朝鮮の領空近くまで威嚇飛行させ、それを堂々と公表している。

 もし米国と北朝鮮の立場が逆なら、米国は即座に撃墜しただろう。

 ことほど左様に、米国の軍事活動は威嚇に満ちた悪意のあるものだ。

 北朝鮮の外相は「明白な宣戦布告」だと反発した。

 「(米側が)宣戦布告した以上、戦略爆撃機が我々の領空に入らなくても撃ち落とす権利を含め、あらゆる自衛的対応を取る権利を苦慮することになる」と警告した。

 これは決して間違ってはいない。

 表現を慎重に選んだこれ以上ない外交的反撃だ。

 しかし、安倍首相は、だから北朝鮮は許せない、さらなる圧力をかけるべし、あらゆる選択がテーブルにある、となる。

 そして世論もその言葉に納得する。

 しかし、戦争の危機を不必要にあおっているのは米国の方なのだ。

 北朝鮮の有事は何としてでも避けなければいけない。

 そのためには圧倒的軍事力を誇る米国の方こそ自制すべきなのだ。

 それなのに、そんな米国の尻馬に乗って、あるいは米国をけしかけ、北朝鮮の脅威を解散・総選挙の理由にした安倍首相は許しがたい憲法9条違反の首相だ。

 日本国民を不当な戦争に巻き込もうとしている国民の敵だ。

 その事を私は21区で訴えるつもりだ。

 こんなことを選挙演説で訴える候補者は、全国ひろしと言えども、私一人に違いない。

 安倍自民党の候補者はもとより、小池新党の長島昭久候補も安倍首相と同じように北朝鮮を敵視して非難するに違いない。

 いや、共産党の候補者ですら、世論に迎合して、票を失いたくないから、そんなことは言わないだろう。

 そんな中でただ一人、私は、いまこそトランプの米国が必要としているのは憲法9条の精神だと叫ぶつもりだ。

 トランプの米国が率先して憲法9条の精神を実践すれば、世界は平和になると訴える。

 その私の言葉を日本のメディアが報じなくても、世界のメディアが世界に向けて配信するだろう。

 私は21区を全国一の注目選挙区にして見せる。

 いや、世界が注目する選挙区にして見せる(了)

*****




砂川判決再審請求裁判の判決の異常な遅れ

「天木 直人の公式ブログ」  2017年9月26日より転載

 山口敬之元TBS記者の準強姦罪疑惑に関し、東京地検の不起訴処分に対して被害者の詩織さんが記者会見を開いて訴えたのは今年の5月だった。

 その時、詩織さんは、いわゆる検察審査会に審査の申し立てを行った。

 その検察審査会が9月22日に議決を発表した。

 なんと、「不起訴相当」であるという。

 司法改革の一環としてその権限を強化して再出発した検察審査会なるものが、いかに不透明で恣意的な存在であるかを、我々はあの小沢事件の時に思い知らされた。

 今度もまさしく安倍疑惑に蓋をしようとする司法官僚の忖度のなせる業に違いない。

 しかし、その事を批判する事がこのメルマガの目的ではない。

 詩織さん事件についてはそれを追及する人がいくらでもいる。

 私がここで問題にしたいのは、誰もが知らない、メディアさえも報道しない、もう一つの司法官僚の忖度だ。

 在日米軍基地は違憲だと判じた1959年の東京地裁の判決が、当時の最高裁の差し戻し判決の結果、一転して逆転判決になって、無罪になるはずの当時の被告が有罪にさせられた。

 いわゆる砂川判決がある。

 安保法制の根拠にもされたあの判決だ。

 ところが半世紀たって、その時の最高裁長官〔田中耕太郎最高裁判長〕が駐日米大使と密議していたことが米国の機密文書で明らかになった。

 当時有罪を受けた中の生き残りの人たちが裁判の最審査請求訴訟を起こしたのも無理はない。

 その再審査訴訟に対し、東京地裁が棄却の判決を出したのは昨年の3月だった。

 そして原告側は即時にその判決を控訴して、さらなる判断は東京高裁に委ねられることになった。

 そして、東京高裁は、今年の5月にも判決を出すと原告側に明言していた。

 それにもかかわらず9月になっても判決が下らない。

 これは異常だ。

 そう思って私は担当弁護士に尋ねてみたら驚くべき答えが帰って来た。

 私はこの再審査請求訴訟に、米国の極秘文書の原告側が指名する公式翻訳官として裁判に関わってきた。

 だからこの裁判の当事者の一人だ。

 だからこそ得られた内部事情だ。

 本件を担当している弁護士が私に明らかにした内容は次のごとくだ。

 すなわち、その弁護士が8月29日の時点で、東京高裁に問い合わせたところ、次のような返答が9月12日に東京高裁から帰って来たというのだ。

 すなわち、何を検討しているのか明らかにしないまま、「当初の予定より検討に手間取っている。出来るだけ早期に決定する」とだけ連絡があったというのだ。

 あまりにもわかりやすい司法官僚の安倍首相への忖度だ。

 さすがに解散・総選挙前に判決を出して、その判決が安倍首相に忖度した不当判決だと批判されれば、安倍政権の選挙の不利に働く。

 安倍首相の逆鱗に触れ、詰め腹を切らされる。

 だから解散・総選挙まで、さらに判決を下す日を引き延ばすしかないというわけだ。

 司法までもがそこまで安倍首相に忖度してはおしまいだ。

 森友・加計疑惑のような税金の私物化はもちろん許されないが、沙織さんのような司法の私物化はもっと許されない。

 砂川判決のように日本の司法権が米国に奪われては日本は終わりだ。

 私は今度の選挙で砂川判決の売国ぶりを訴える積りである(了)

*****
by kuroki_kazuya | 2017-09-27 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)