スキーにはまっています。


by 幸田 晋

ヘリ炎上 民家から300メートル 沖縄知事、米に飛行停止要求へ

ヘリ炎上 
民家から300メートル
 

沖縄知事、米に飛行停止要求へ


東京新聞 2017年10月12日 夕刊より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201710/CK2017101202000285.html

 沖縄県東村(ひがしそん)高江の民間地で十一日、米軍普天間(ふてんま)飛行場(宜野湾(ぎのわん)市)所属のCH53E大型輸送ヘリコプターが炎上、大破した事故現場は民家から約三百メートル地点だったことが十二日、分かった。防衛省沖縄防衛局の中嶋浩一郎局長が明らかにした。 

 翁長雄志知事は十二日午後、現場を視察した。米側に対し、厳重抗議するとともに同型機の飛行停止を求める見通し。政府も原因究明や再発防止を求めた。

 県警は現場周辺に規制線を張り、警察官を配置。航空危険行為処罰法違反容疑を視野に、捜査に着手するかどうか検討しているとみられる。

 しかし、日米地位協定の関連文書では、米軍の同意がない場合、日本の当局に米軍の「財産」の捜索や差し押さえをする権利はないとされ、日本側が原因究明に関与できない懸念が残る。

十二日午前に現場を視察した
伊集盛久(いじゅせいきゅう)村長は
「機体の三分の一が炎上し、
衝撃を受けた」と語った


米憲兵隊は県警に対し、環境調査が終わり次第、速やかに事故機を撤去する方針を示したという。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-10-13 06:53 | 対米 従属 | Comments(0)