スキーにはまっています。


by 幸田 晋

世界の核災害に開する研究成果報告会の動画紹介

世界の核災害に開する研究成果報告会の動画紹介
   小寺さん

たんぽぽ舎です。【TMM:No3223】
2017年11月15日(水)午後 07:45
地震と原発事故情報
より一部

┏┓ 
┗■1.世界の核災害に開する研究成果報告会の動画紹介
 |  今中哲二さん、振津かつみさん、七沢 潔さんなど12人の報告
|  11/12東京・星陵会館ホールで開催された
 └──── 小寺さん

皆様
 世界の核災害についての報告会がさっそくYouTubeにアップされています。
約2時間ずつ3部に分かれています。報告はそれぞれ30分から40分です。
関心のあるテーマについてご覧ください。

第1部  https://www.youtube.com/watch?v=uW4NSJN-5k4
1.ウラル核惨事、ウィンズケール火災事故、
  ウラジオストク原潜臨界事故の顛末   〔今中哲二〕
2.マーシャル諸島米核実験の「その後」
  ~核災害からの「再生」・「復興」はあるのか~ 〔竹峰誠一郎〕
3.仏領ポリネシアでのフランス核実験と公式報告に見る
  放射能汚染・被ばく状況  〔真下俊樹〕
4.住民の核実験に対する認識について
  セミパラチンスク地区における質問票調査とインタビューより
  〔平林今日子〕
第2部  https://www.youtube.com/watch?v=uNbUBK8gb9I
1.核被害者への援護制度
  ~セミパラチンスクと原爆被爆者を事例に~  〔川野徳幸〕
2.ABCCと米原子力委員会の被爆者調査  〔高橋博子〕
3.放射線の継世代(遺伝的)影響研究の現状と問題点
  ~核被害者次世代の人権を考える~   〔振津かつみ〕
4.事故31年、チェルノブイリ高濃度汚染地域の内部被ばく
  〔木村真三〕
第3部  https://www.youtube.com/watch?v=XeSKIq0xfuc
1.誰が、どうやって事故を収束したか?
  ~チェルノブイリ・東海村・福島の現場で~ 〔七沢 潔〕
2.英国の核災害時緊急事態対応体制から学ぶ  〔進藤眞人〕
3.米国の核廃棄物問題の現状  〔玉山ともよ〕
4.台湾の原子力政策の転換過程
  ~「フクシマ・エフェクト」はどう作用したのか~〔鈴木真奈美〕
5.会場からの質問と最後の挨拶

(11/14「原発とめよう!九電本店ひろば第2400日目報告」より抜粋)


┏┓ 
┗■2.神戸製鋼所問題と泊原発(続き)
 |  北海道電力への公開質問状に対する回答について
 | 連載〔泊から・4〕
 └──── 瀬尾英幸(後志・原発とエネルギーを考える会)

 北海道電力から回答書が締切りの11日遅れで来て、すぐコピーを岩内原発問題
研究会の3人、その他の仲間に配布しました。一堂に集まることが困難なので、
電話で見解を聞きました。
◎ まず回答文。
 「神戸製鋼所製品の検査証明書等のデータ改ざんの件に関する泊発電所への影
響については、現在、プラントメーカー、設備メーカー等を通じて情報を確認し
ているところです。」というものです。
 この程度のものなら、11日も回答を遅らせるほどのものではない。今後強硬に
追及しなければならない大きな問題がいくつもあります。

1.神戸製鋼所の製品が原発構造のどこに使用されているか?
  箇所によっては材質の脆弱化の進行で一層危険を増しているのではないか。
  ピンホールの危険も考えられる。
2.そもそも放射能汚染度の高い箇所に使用されていたならば、
  補修補強、交換などが可能か?
3.放射能被曝の広がりをがん罹病のデータ調査から非常に懸念している
  私たちは、その各種集約データで、泊原発は全国の50余基の原発の
  中でも、最も「汚い原発」と疑っている。
  仮に再稼働したら、その傾向が一段と悪化するのではないかと
  深刻に考えている。

 だからまず神戸製鋼所製品の使用状況について、ごまかしのないようこれから
厳しい追及をしなければならないと考えています。
 望むことは、プラントメーカー、設備メーカーについて詳しい人のご協力です。


┏┓ 
┗■3.米国ではイバンカ・トランプ(米大統領補佐官)さんを
 |  偽(フェイク)フェミニストと呼ぶむきもある
 | 毎日新聞福本容子論説委員の指摘
 └──── 柳田 真(たんぽぽ舎)

 毎日新聞(夕刊)の11月13日号は「フェイク・フェミニズム」と題する小文を載
せている。関心深い文だ。安倍首相との関連・問題点も指摘している。
 主要部分を紹介します。執筆者は福本容子論説委員。

……政府主催の国際女性会議に安倍晋三首相が招き、特別講演を頼んだのは、も
う当然…かしら?
 本国ではイバンカさんを「偽(フェイク)フェミニスト」と呼ぶむきもある。
 理由の一つは他ならぬお父さん。数々のセクハラ疑惑や女性差別発言が伝えら
れている。「従業員の妊娠は企業にとって明らかに不都合である」もその一つだ。
 もちろん、父娘は別人格。娘に責任はない。だけど女性の尊厳のために闘って
いるのなら、許されない言動は許されないと言わなくては。
 トランプ大統領は、オバマ政権時代に作られた法律を無期棚上げにもした。従
業員100人以上の企業に、給与の実態を性別、人種別に報告するよう求めたもので、
賃金格差解消への第一歩と期待されていた。
 イバンカさん、補佐官なのでしょ?普段言っていることと違うんじゃない?
疑問が飛び交った。(中略)
 東京での女性会議で、40年前の日本と比べ、働く女性が増えたことをたたえた
イバンカさん。「安倍首相の下でもっと大きく改善すると信じています」って。
 男女の平等度で日本は、相変わらず世界何百何位という体たらくなのだけど…。
 講演会場は結局、半分しか埋まらなかった。一体、何のために招いたの?
 お父さんともっと親しくなる狙いなら、女性に失礼。
  (11月13日毎日新聞夕刊「ウラから目線」より抜粋)

*****
by kuroki_kazuya | 2017-11-16 06:15 | 核 原子力 | Comments(0)