スキーにはまっています。


by 幸田 晋

日本原電本店前(神田)へ抗議に行こう!

日本原電本店前(神田)へ抗議に行こう!
11月29日(水)午後3時半より
  日本原電の東海第二原発
運転延長申請に抗議する!
   東電は原電の債務保証するな!

      再稼働阻止全国ネットワーク


たんぽぽ舎です。【TMM:No3231】
2017年11月25日(土)午後 10:03
地震と原発事故情報
より一部

┏┓ 
┗■1.日本原電本店前(神田)へ抗議に行こう!11月29日(水)午後3時半より
 |  日本原電の東海第二原発 運転延長申請に抗議する!
 |  東電は原電の債務保証するな!
 | 茨城から来ます。ぜひ応援にご参加下さい。
 └──── 再稼働阻止全国ネットワーク

☆「原発いらない茨城アクション」からの呼びかけです。

 日本原電は11月24日、運転期間の40年終了を1年後に控えた東海第二原
発をさらに運転延長させる申請の手続きをとった。これはオンボロ原発を
再稼働させて、さらに最長20年の運転延長を図るという稀に見る暴挙である。

○茨城大学の調査によれば東海第二原発サイト近隣住民の7割弱が再稼働
に反対し、今夏8月に行われた県知事選挙の出口調査で8割近くの投票者
が再稼働に反対するという民意を日本原電は一顧だにしない。住民意向の
無視である。
○東海第二原発は古い設計古い材料によって設置された原発で、しかも老
朽化し、3.11の被災原発でもあるという満身創痍の原発である。装置
自体の欠陥からくる事故の可能性に目をつぶって運転を強行しようとして
いるのである。
○東海第二原発の近くには核燃料再処理工場があり、そこには超危険な高
レベル放射性廃液がある。ほかの原発サイトにはない環境で、それとの複
合災害の危険に頬被りしている。また、地震・津波と複合すれば人口密度
が高く、30キロ圏内96万人を擁する地域の住民の広域避難は極めて困難で
ある。それらの東海第二原発の立地環境を日本原電は考慮しようとしてい
ない。
 以上のように、東海第二原発を再稼働し、さらに運転延長しようとする
のは暴挙そのものであり、地域住民としてはこれを容認することはできな
い。運転により新たに蓄積される放射性廃棄物は全国に影響を与える問題
であり、過酷事故の発生は首都圏壊滅につながる。東海第二原発は再稼働
につながる運転延長ではなく、廃止するしかない。

◆日本原電本店前抗議
 11月29日(水)午後3時半より-5時位まで
  千代田区神田美土代町1-1 住友商事美土代ビル
都営新宿線小川町・東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅
丸ノ内線「淡路町」駅  各線「B6」出口より徒歩2分
JR線「神田」駅「北口4番」出口より徒歩6分
※協力:再稼働阻止全国ネットワーク(たんぽぽ舎気付)
TEL:03-3238-9035
   当日はたんぽぽ舎へ  2:30集合、3:00出発

┏┓ 
┗■2.原子力産業の崩壊    (連載その2)
 |  組織的かつ継続的に、長期にわたり実行されてきた
 | ずっと継続して不正行為が行なわれてきた
 | 規制委は全ての原発の再検査報告を直ちに出させるべきである
 └──── 山崎久隆(たんぽぽ舎)

2.神戸製鋼所

 日本有数の総合素材メーカーである神戸製鋼所は、これまでに明らかに
なっただけで約500社余に対して供給した部品や材料のデータを偽装または
検査せずに出荷していた。
 原子力への材料供給でも同様の問題を引き起こしていた。発表されたの
は福島第二原発に出荷されていた配管の一部について、検査しなかったこ
とと、ウラン濃縮プラント用遠心分離器材料の検査データ捏造だ。
 神戸製鋼所では、これまで数多くの原子力用材料を生産、供給してきた。
原子炉圧力容器、格納容器、蒸気発生器、燃料集合体用部品、各種配管類、
使用済燃料貯蔵容器や輸送容器、再処理工場、核燃料サイクル施設への資
材供給などだ。
 そのうち、使用済燃料輸送容器について過去に似た事件を起こしている。
 円柱状の使用済燃料輸送容器は強度部材は鋼鉄製だが、使用済燃料から
出る中性子を遮蔽する材料として、高分子化合物であるレジンを使ってい
る。レジンは大量の水素原子を含むため、中性子を効率よく遮蔽する。
 1998年、神戸製鋼所はレジンを含む中性子遮蔽材を、検査データを改ざ
んして取り付け、出荷していたことが発覚し大問題となった。
 2003年6月、問題解決の目的で神戸製鋼所高砂機器工場において大規模
なピュアレビュー(相互評価)が実施され、8月には報告書が出されている。
 そこには「レジン事件」に関連して次のように記述されている。
 「過去に生じたレジンデータ改ざん問題の反省点の一つとして、以前か
ら特殊工程などでは作業日程が無理にならないよう製造のために必要な期
間を確保することとしているが、最近のある機種では客先の指導もあり、
レジン充てん工事にて検査のためにもう1日のゆとりを確保し、検査員の
負担を軽減している。」
(ニュークリアセーフティネットワーク発行 2003年8月7日)
 現在、今回の事件の原因らしきこととして「納期が間に合わない」「顧
客の要求が厳しすぎる」などが挙げられているようだが、既に2003年当時
から問題点として認識し対策していたのだから、もはや理由になどならない。
 今回の事件が10年以上も前から組織的かつ継続的に、長期にわたり実行
されてきたと報道されている。ピュアレビューが発表されても、ずっと継
続して不正行為が行なわれてきたのである。
 これは「体質」などでは済まされない。不正が常体化しており業務の一
部になっていたとも考えられる。社内調査への妨害まで発生している。コ
ストカットのためには何でもする。万一不良品が出たらリコールすれば良
い。それでもほとんど問題にならないと考えている。
 JIS規格(日本工業規格)を満たさない商品も出荷していた。原子力
においては経産省告示501号の規格が守られなければ認可はされない。この
規格を満たしていないか、または偽装していたものを使っていたのではな
いかとの疑いは依然晴れない。
 結果があまりに重大であるため、世界中の事業者から材料の健全性評価
を求められている。
 神戸製鋼所の供給部品を使っていない原発はおそらく日本には一つもない。
それが安全上重大な機器類であるならば、再検査を行わねばならない。
 規制委は今動いている原発を含め、全ての原発の再検査報告を直ちに出
させるべきであろう。それに合格しない限り運転認可は凍結すべきだ。
                       (連載その3に続く)
 ※「脱原発東電株主運動ニュース」No269(2017.11.5)より許可を得て転載

*****
by kuroki_kazuya | 2017-11-26 06:15 | 核 原子力 | Comments(0)