スキーにはまっています。


by 幸田 晋

何をいまさら「防衛政策の議論をしなければいけない」だ

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

何をいまさら「防衛政策の議論をしなければいけない」だ

「天木 直人の公式ブログ」  2017年12月3日より転載

 きょう12月3日の東京新聞の山口二郎法政大学教授の「本音のコラム」を読んであきれ果てた。

 「久しぶりに沖縄に行って学者や新聞記者の友人から沖縄の現状について話を聞いた」

 こういう書き出しから始まるそのコラムで、山口氏は自衛隊が米国の海兵隊のような部隊(水陸機動団)を創設しようとしている事を教えられたと書いている。

 琉球大学の教授の言葉を引用し、この日本版海兵隊自衛隊は、「装備や訓練で米軍と一体化しており、憲法を超えた行動をとる危険性がある」と書いている。

 何をいまさらそんなことを書いているのか。

 そんなことは、沖縄に行かなくても、学者や新聞記者の話を聞かなくても、毎日の報道を見ていれば誰でもわかることだ。

 山口二郎氏はそのコラムを次のように締めくくってる。

 「安保法制は違憲だと議論する段階は過ぎ、立憲主義が沖縄から崩壊する危機を防ぐため、実体的な防衛政策の議論をしなければいけない」と。

 何をいまさら「安保法制は違憲だと議論する段階は過ぎた」だ。

       「衛政策の議論をしなければいけない」だ。

 そんなことはとっくの昔に私が口を酸っぱくして言い続けてきた事だ。

 こういう学者が民進党のブレーンであり、最大の支援者だったのだ。

 民進党が崩壊するのも無理はない(了)

*****





日馬富士暴行事件の真相究明は困難だと書いた篠田博之

「天木 直人の公式ブログ」  2017年12月3日より転載

 これだけ毎日大騒ぎをして報道しているのに、何ひとつ真相がわからない。

 こんな馬鹿な話はないと思っていたら、発売中の週刊新潮最新号(12月7日号)が教えてくれた。

 すなわち、この騒動の背景には、モンゴル力士同士の八百長問題があり、それを批判して、ガチンコを実践してきたのが貴乃花親方と貴乃岩だったと、いくつかの取り組みを検証して書いている。

 もちろん週刊新潮の記事が正しいとは限らない。

 相撲協会は直ちにその記事を全否定している。

 しかし、この記事を読むと、なるほど、今度の事件がここまで大騒ぎになる理由も、そして、それにもかかわらずいつまでたっても真相が明らかにされないことも、わかるような気がする。

 単なる暴行事件ではなく、もっと深刻な組織的不正にかかわる大問題なのだ。

 おりから、企業の組織的詐欺が次々と表面化している。

 そして、何といっても、この国の組織のトップである安倍首相の組織的不正がいつまでたっても解明されないまま、許されている。

 今度の日馬富士暴行事件は、そのような問題と通底する大事件なのかもしれない。

 そう思っていたら、きょう12月3日の東京新聞「話題の発掘」で月刊「創」編集長の篠田博之氏が週刊新潮のその記事を引用して書いていた。

 「確かに『週刊新潮』のような見方をすればいろいろなことについて合点が行く気もする」と。

 しかし、私が注目したのはその後に続く篠田氏の言葉だ。

 すなわち、篠田氏はそのコラムを次のような言葉で締めくくっている。

 「ただ、もしそれが本当なら、真相が明らかになるのは困難かもしれない。事件の解明はどこまで進むのだろう」と。

 このあきらめた発言は驚きだ。

 組織を揺るがすような大問題は、最後はうやむやにされて終わってしまう、それが日本の現実であり知恵だ、といわんばかりである。

 反権力の雑誌の編集長ですらこうだ。

 ここまでウソをくり返す安倍首相が甘やかされるはずである(了)

*****




「天皇は中日関係の発展に貢献した」と発言した中国の衝撃

天木直人のブログ2017-12-02より転載

 天皇陛下の退位日程が決まり、きょう12月2日の各紙は、かねてから準備して来た退位特集記事で埋め尽くされている。

 それらをよく読み比べて見たが、いずれも目新しいものはない。

 それらの記事に共通するものは、あのお言葉で一気に進んだ今回の退位の特殊性であり、退位をめぐる官邸と宮内庁の対立であり、新天皇に引き継がれる象徴天皇のありかたを含め、国民的議論が必要な事が多い、ということである。

 いずれも重要な意味を持つものばかりであるが、すでにこれまで折に触れ書かれてきたものである。

 そのような中で、私は東京新聞のわずか数行の記事に注目した。

 それは、中国外務省の副報道局長が天皇の退位日程が決定したことについてわざわざ語ったという、北京発の記事だ。

 天皇退位の日程が決まったことについて、すかさず中国外務省が意見を述べたことに私は注目したが、その言葉の内容について、もっと注目した。

 すなわち副報道局長は次のように語ったという。

 「天皇は1992年に訪中し、中国の党や国家指導者と何度も会談し、中日関係発展のために積極的な貢献を果たしてきた」と。

 驚くべき政治的コメントだ。

 それは、裏を返せば、これ以上ない、安倍首相の対中国政策に対する批判である。

 安倍首相はこの中国外務省のコメントに反発するのではなく、自らの不明を恥じて、謙虚に受けとめるべきである(了)

*****
by kuroki_kazuya | 2017-12-04 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)