スキーにはまっています。


by 幸田 晋

谷内NSC局長の役立たずを書けないメディの腰砕け

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

谷内NSC局長の役立たずを書けないメディの腰砕け

「天木 直人の公式ブログ」  2017年12月12日より転載

 きょう12月12日の朝日新聞が書いた。

 日本が米国から地上配備型迎撃ミサイルシステム(イージスアショア)を導入することを決めたことについて、ロシアが反発し、対抗策としてロシアが千島列島の軍備を強化する計画が明らかになったと。

 自衛隊が運用するからロシアへの脅威にはならないと説明する日本に対し、その装備は米国が管理しているから心配するのだ、とロシアは反論したと。

 この朝日の記事は、すでに報道された通りだ。

 目新しいものは何もない。

 私がこの朝日の記事で驚いたのは、外務省幹部がもはや「領土交渉だけを進めてもうまくいかない」と語り、防衛省幹部が「軍事的に考えればロシアが北方領土を返還することはあり得ない」と語っていると書かれていたところだ。

 何をいまさらそんな事を言っているのか。

 何をいまさらそんな記事を朝日は書いているのか。

 そう思って読み進めるとさらに驚いた。

 ロシアの理解を得るために谷内正太郎国家安全保障局長が12月13日にも訪露するという。

 何をいまさら谷内局長の派遣だ。

 谷内局長こそ昨年末のプーチン来日のお膳だてをした責任者だ。

 あの時プーチンから、北方領土を返還したら、在日米軍がそこに駐留しない事を約束できるかと聞かれ、日米同盟があるからそれは出来ないと正直に話したため、プーチンを怒らせて北方領土返還交渉をぶち壊した男だ。

 あの時、それは安倍首相が決める事だ、首脳会議で安倍首相が答えるだろう、といなしておけばよかったものを、出過ぎた発言をしてプーチン来日を不毛なものにした張本人だ。

 そんな谷内NSC局長を派遣して、どうして地上配備型迎撃ミサイルシステムの導入についてロシアを説得できるというのか。

 ロシア側を怒らせて返って来るだけだ。

 谷内局長に外交を丸投げしてきたから安倍外交はことごとく失敗してきたのだ。

 その事をなぜメディアは書かないのか、いや、書けないのか。

 不思議でならない(了)

*****



「即位の礼」の政治利用を公認した歳川隆雄の開き直り

「天木 直人の公式ブログ」  2017年12月12日より転載

 私は12月8日のメルマガ第952号で皇室会議の議事録概要が公表されたその日の新聞記事を見て書いた。

 2019年5月1日に即位される事が決まった新天皇の即位の礼を、なぜ半年後の2019年秋に行うのか。

 これは、大きなイベントを何度もくり返し、その都度、政権交代をやっている暇はないと国民に思わせる為の安倍・菅暴政コンビの天皇制の政治利用に違いないと。

 そうしたら、きのう12月11日の夕刊フジ(12月12日号)の「永田町・霞が関インサイド」という連載コラムで、歳川隆雄氏がズバリそれを認めた。

 すなわち彼はこう書いている。

 「先週半ば、安倍政権の主要閣僚と会食する機会があった。完全オフレコの懇談なので、その内容を明かすわけにはいかない・・・」

 こういう思わせぶりな書き方で始まるそのコラムで、「ただ、ひとつだけ指摘しておきたいことがある。それは、皇太子殿下の即位の礼に関することだ」と言って、要旨次のように書いている。

 先週末には新聞各紙が「即位の礼、19年秋で調整」と報じたがその主要閣僚は異なる見解を披歴したと。

 すなわち、もっとはやい。7月の参院選の直前だというのだと。

 2019年7月の参院選は安倍首相の悲願である憲法改正のために絶対負けられない選挙だ。

 今上天皇の即位の礼には158カ国・地域の代表が出席したが、今回は200人超が見込まれている。

 国家的大行事への期待感の下で参院選を迎えるつもりだと。

 これには驚いた。

 いうまでもなく歳川隆雄氏は自他ともに認める、安倍政権にもっとも近い御用評論家だ。

 その歳川氏が、ここまであけすけに安倍首相の思惑を公表するのである。

 たいした度胸だ。

 これは主要閣僚と歳川氏のフライングではないのか。

 もしそうでなければ、つまり安倍首相の了解を得て観測気球を打ち上げているのだとすれば、安倍首相は野党を完全になめ切っているという事である(了)

*****
by kuroki_kazuya | 2017-12-13 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)