スキーにはまっています。


by 幸田 晋

最大の争点、基準地震動過小評価問題で国がデータ改ざん

最大の争点、基準地震動過小評価問題で国がデータ改ざん
12/1佐賀地裁口頭弁論報告

     「玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会」メールニュース
 2017年12月15日発行(2017年第39号)より抜粋


たんぽぽ舎です。【TMM:No3248】
2017年12月15日(金)午後 09:13
地震と原発事故情報
より一部

┏┓ 
┗■2.最大の争点、基準地震動過小評価問題で国がデータ改ざん
 | 12/1佐賀地裁口頭弁論報告
 └──── 「玄海原発プルサーマルと全基をみんなで
       止める裁判の会」メールニュース
 2017年12月15日発行(2017年第39号)より抜粋

 12月1日、佐賀地裁で玄海原発の稼働差止を求める行政訴訟第16回口頭弁論、
全基差止第24回口頭弁論が開かれました。
 神戸製鋼データ不正問題の影響で、玄海再稼働の時期が2か月延期されるとい
う“朗報”の中で迎えた法廷となりました。

 行政訴訟では、神鋼ならぬ、国のデータ改ざん問題が浮上しています。
 最大の争点、基準地震動過小評価問題で国がデータ改ざんを行ったことが明ら
かになりました(被告第13準備書面)。
 国が証拠として出した図表にある地震動の数値を原告が実際に読み取ってみる
と、引用元の論文とまったく違った数字になっていたのです。数値を置き換える
ことで、彼らの主張を正当性しようとしたとしか思えません。

 私たちの命の安全に関わる重大な問題で、このような改ざんを行うなど、断じ
て許されません。釈明を求めました。
 また、地震のエネルギーの大きさを求める経験式について、国や電力会社が金
科玉条のように扱う「入倉三宅式」がいかに根拠薄弱なものかを、具体的な検証
に基づいて指摘しました。
 これらを全面的に盛り込んだ原告準備書面(12)のポイントを、弁護団は鋭く熱
く主張しました。

 次回3月23日、国はどう釈明、反論してくるでしょうか、大注目です。
 攻防の激しさが増す法廷を、傍聴者でいっぱいにして、その行方を一緒に見守
ってください!
 また、原告団では定期的に書面学習会にも取り組んでいます。ぜひご参加くだ
さい。
 ◆詳細報告はコチラ→ https://saga-genkai.jimdo.com/2017/12/04/a/


┏┓ 
┗■3.広島高裁の「伊方原発差止判決」を受けて何も答えない更田委員長
 |  「コメントする立場にない」「科学的・技術的」を振り回す当事者
 | 原子力規制委員会は原発再稼働推進委員会!その153
 └──── 木村雅英(再稼働阻止全国ネットワーク)

 12月13日(水)に広島高裁が、火山噴火リスクについての原子力規制委員会の判
断を「不合理」として、四国電力伊方原発3号機の運転差し止めを命じた。
 当然この日の更田規制委員長の定例記者会見で記者が何度もコメントを求めた
が、次のようにまともに答えない。
 更田…「本件は民事訴訟なので、原子力規制委員会は本件の当事者ではないの
で、この訴訟に直接コメントする立場にない」「私たちは状況にかかわらず、科
学的、技術的な知見、理解に基づいて私たちの責任を果たしていく」

 さらに、「阿蘇カルデラ噴火の火砕流についてしっかり想定していないと。今
の火山の最新の知見で判断すれば、それは想定されるべきだということを言って
いる」との技術的質問にも
 更田…「個別の民事訴訟に関して、その内容にコメントする立場にありませ
ん。」、「火山灰についてもそうですけれども、新しい知見、新しい理解に基づ
いて、改めるべきところはそれをより改善していっている。」と逃げる。

 規制委の審査が「不合理」と指摘されているのであるから、より踏み込んだコ
メントを出すべきであるのに回答しなかった。判決直後の記者会見であったので、
今後より詳しく説明責任を果たすことを求めたい。
 それにしても、高裁が稼働差し止めを初めて認め、その理由として火山噴火リ
スクを掲げたことは画期的だ。特に、阿蘇カルデラ噴火リスクを評価しているの
であるから、伊方原発より近くにある川内原発や玄海原発の審査をも見直すべき
だ。ます
 一方、報道によれば、広島高裁の今回の決定では、新規制基準や基準地震動の
判断を「合理的」としたそうで、私たちには全く納得できない。
 また、運転差し止め期間を2018年9月までと限定したことも不満だ。司法の独
立性が問われている中で、退官前裁判官でもここまでが限界なのだろうか?

 なお、2016年の福岡高裁宮崎支部の決定では「火山ガイドが不合理」と指摘し
ている。次をご覧いただきたい。
その90 2016年4月9日 http://www.jca.apc.org/~kimum/NRAno090.html
「火山ガイドが不合理」を認めない田中委員長!
福岡高裁宮崎支部の棄却「決定」にはしゃぎ「安全文化」欠如を露呈させる
 また、今回の広島高裁決定は次の主張に近いのだと思う。
その59 2015年8月19日 http://www.jca.apc.org/~kimum/NRAno059.html
カルデラ噴火で九州の人が住めなくなったら原発はどうなってもいい?
科学者としても責任者としても全く信用できない田中委員長
 さらに、次も参考に。
その27 2014年11月13日 http://www.jca.apc.org/~kimum/NRAno027.html
火山学会に「頑張ってもらわないと困るんだよ」の暴言
牙をむき出した田中委員長

*****
by kuroki_kazuya | 2017-12-16 06:15 | 核 原子力 | Comments(0)