スキーにはまっています。


by 幸田 晋

「辺野古が唯一の解決策」という大嘘が米国側から否定された

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

「辺野古が唯一の解決策」という大嘘が
米国側から否定された


「天木 直人の公式ブログ」  2017年4月16日より転載

 辺野古移設問題に関し、4月12日の朝日新聞がワシントン発の注目すべき記事を掲載していた。

 それは一段の小さな記事だが、見逃す事の出来ない重要な記事だ。

 すなわち米政府監査院(General Accounting Office)がこのほど発表した米海兵隊のアジア太平洋地域の再編に関する報告書において、普天間基地の代替である辺野古移転計画は、滑走路がオスプレイなどの特定の飛行機には短すぎると指摘し、代替の滑走路を探すように求めたというのだ。

 GAOは日本の会計検査院に当たると言われているが、連邦議会行政監査局という訳語もあるくらい米国行政に影響を与える政府機関であり、日本の会計検査院のような政府決定に従属するようなものではなく、はるかに独立性と影響力が強いとされている。

 そのGAOが、辺野古は不適切であるからほかに代わるものを探せと米政府に要求したのである。

 これは物凄いニュースである。

 日米両政府が繰り返して強調して来た「辺野古が唯一の解決」という説明が、間違っているだけでなく、辺野古に代わる場所を探せとまで注文をつけられたのである。

 こんな一大事件をどのメディアも後追い報道しない。

 国会で野党が追及しない。

 沖縄の辺野古移設反対派が騒がない。

 もはや辺野古移設反対は終わったとでもいうのだろうか(了)

*****



なぜメディアは北朝鮮の危機の最中の外遊を疑問視しないのか

「天木 直人の公式ブログ」  2017年4月16日より転載

 相も変わらずメディアは北朝鮮危機の事ばかり報じている。

 週末のテレビの政治番組もそればかりだ。

 しかし、そんなに危機感を抱くのなら、なぜこのタイミングで安倍首相や麻生副総理、そして岸田外相や稲田防衛相が、そろいもそろって外遊する事を批判しないのだろうか。

 どの大手紙も、どのテレビ局も、危機の中で、安倍内閣の主要閣僚がそろって外遊する事について、ただのひとつも、疑問したり、批判する報道をしていない。

 これほど不自然なことはない。

 何度でも書く。

 今度の北朝鮮の危機に関する日本のメディアの報道ぶりは、間違いなく何かがおかしい(了)

*****




なんという厚かましい夫婦なのだろう

「天木 直人の公式ブログ」  2017年4月16日より転載

 つね日頃、怒ったり、権力に楯突いたりしない温厚で従順な私である。

 しかし、この報道だけは腹立たしく思った。

 安倍首相は、きのう15日午前、東京・新宿御苑で恒例の「桜を見る会」を主催したという。

 そこで、「風雪に耐えて5年の八重桜」という俳句を自ら披露したらしい。

 何という厚かましさだろう。

 5年も首相をやっておきながら、何一つ我々国民の暮らを良くすることが出来なかったくせに、何が八重桜だ。

 風雪に耐えるしかない国民は眼中になく、自分の事ばかり考える男だ。

 これは日本男児として恥ずべきではないのか。

 それに輪をかけて厚かましいのが昭恵夫人だ。

 森友疑惑から逃げて雲隠れしていたというのに、よくも笑顔で人前に出られたものだ。

 まともな神経を持ち合わせているなら、そんな厚かましい事など出来るはずがない。

 大和なでしことは正反対の女性だ。

 つくづく思う。

 安倍夫妻は本当に厚かましい夫婦だ。

 私と同じ思いを抱いてこのニュースを受け止めた国民は多いに違いない。

 以上、私が書いて来た事は、最初の一行を除いて、すべて正しい事を保証します(了)

*****
by kuroki_kazuya | 2017-04-17 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)