スキーにはまっています。


by 幸田 晋

官房機密費 いっそ廃止にしては?

官房機密費 

いっそ廃止にしては?


東京新聞 【社説】 2018年1月20日より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2018012002000188.html

 官房機密費という謎のカネがある。最高裁は一部のみの文書開示を認めた。意義ある使途なのか疑わしく、かつ精緻なチェックも受けない。将来、全面開示する義務制か、いっそ廃止にしては。

 会計検査院の対象となっているのに、領収書がないケースもあり、事実上、精密な使途のチェックができない。謎のカネだというのは、そういう意味である。内閣官房長官が管理し、官邸が自在に操れるカネだ。

 正式には内閣官房報償費というが、官房機密費と呼ばれ、実態は不明なままだ。

 ただ、小渕恵三内閣で官房長官を務めた
元自民党幹事長の野中広務氏が
二〇一〇年、共同通信の取材に対して
官房機密費の内幕について語ったことがある。
月々、首相に一千万円、
野党工作にあたる自民党の国対委員長や
参院幹事長に各五百万円、
政治評論家や野党議員にも配っていたという


 共産党が〇二年に公表した機密費の使途では、野党議員の高級紳士服、政治家のパーティー券、議員が外遊する際の餞別(せんべつ)、ゴルフのプレー代、洋酒、ビール券など国政とは無縁の項目が並んだ。

 そもそも機密費は、国内外の非公式な重要課題の解決のため、合意や協力を得る対価として使われる。情報提供者への謝礼などだ。その金額は毎年十数億円。一端とはいえ、使途はまともとは到底、言えない。目的から逸脱しているのは明白である。

 一九九〇年代には
外務省職員が
首相の外国訪問の際に宿泊費の水増しなどで、
約五億円もの機密費をだまし取った事件もあった。
ずさんの証左ではないのか


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-01-21 06:35 | オンブズマン | Comments(0)