スキーにはまっています。


by 幸田 晋

産経の検証で幕引きされた米兵美談報道疑惑の後味の悪さ

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>


産経の検証で幕引きされた米兵美談報道疑惑の後味の悪さ

「天木 直人の公式ブログ」  2018年2月8日より転載

 昨年12月に沖縄自動車道で起きた追突事故に関し、日本人を救おうとして後続車に追突された米兵について産経が産経が美談として報じ、それを報じなかった沖縄2紙を産経が批判した。

 それについて沖縄二紙がそのような事実は確認されていなかった、根拠なき批判だと反論していた。

 この事件は、あいまいなまま今日に至っている。

 そしてきょう、2月8日、毎日新聞が、青島顕、川上珠美記者の署名入りで、検証記事を書いた。

 毎日新聞の取材に、米軍や警察は「救助行為」を確認していないと答えたと。

 産経新聞の報道が、政治的立場を異にする沖縄2紙に対するバッシング報道だとしたら問題だと。

 やはり、この問題はどちらが正しいのか、しかるべき形で白黒つけなければいけない。

 少なくとも、テレビなどがこの疑惑報道をめぐる産経と沖縄2紙の対立を大きく報じて、国民の広く知るところにならないといけない。

 そう思ったとたん、私は見つけた。

 なんときょう2月8日の産経新聞が、自らの紙面で、検証した結果を詳しく報道した記事を掲載したのだ。

 その記事の内容は、ひとことで言えば、検証してみたら、米海兵隊軍曹が日本人男性を救助した事実は確認されなかった、というものだ。

 事実上、誤報を認めたということだ。

 これによって、本件は終わりにされるだろう。

 しかし、この報道疑惑が名護市長選の最中に、もっと大きな問題として取り上げられていたとしたらどうだろう。

 名護市長選が稲嶺市長の敗北で終わった今、産経新聞があっさり訂正記事を出し、この問題は、なかったものになる。

 きょうの毎日新聞の記事も、もはや誰も関心を払おうとしなくなる。

 何とも後味の悪い、産経新聞の沖縄米兵美談報道のマッチポンプぶりである(了)

*****



「私とプーチン大統領が終止符を打つ」と公言した安倍首相

「天木 直人の公式ブログ」  2018年2月8日より転載

 ここまで言うか。

 そう思わざるを得ない安倍首相の、あまりにも一方的なひとりよがりだ。

 きのう2月7日に都内で開かれた北方領土返還要求全国大会に出席した安倍首相は、そうあいさつで語ったと、きょうの各紙が一斉に報じている。

 しかし、ロシアと米国の安全保障関係は、ますます対立してきている。

 核兵器の競争合戦にまで逆戻りしている。

 北方領土の対するロシアの軍事的実効支配はますます強化されている。

 安倍首相があいさつしたその日に、河野外相は北方領土で軍事演習を行ったロシアに抗議したことを国会で明らかにしている。

 プーチン大統領は、安倍首相に、日本が日米同盟関係にある限り、北方領土の返還はないとはっきりと伝えている。

 その安倍首相は、100%米国と共にあると繰り返している。

 よほどの国際情勢の変化がない限り、プーチン大統領が北方領土を安倍首相に返還する事はあり得ない。

 専門家でなくても、誰もがそれくらいはわかる。

 ひとりよがりは、拉致問題の解決の場合もまったく同じだ。

 安倍首相は自分の手で拉致問題を解決すると、いまでも繰り返している。

 その安倍首相は、北朝鮮に圧力をかける事しか念頭にない。

 その行き着く先は北朝鮮との有事しかない。

 有事になってどう拉致被害者を助ける事が出来るというのか。

 誰もが安倍首相のやっていること、言っていることの矛盾を知ってる。

 それにもかかわらず、誰もそれを妄言であると報道しない。

 それとも、もはや安倍首相の外交はすべてが行き詰まっていると考える私が間違っているのだろうか。

 安倍首相の外交はよくやっているのだろうか。

 そう思えてくるほどの安倍首相のひとりよがり外交であり、それに異を唱えない報道である。

 間違いなく一億総思考停止状態である(了)
by kuroki_kazuya | 2018-02-09 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)