スキーにはまっています。


by 幸田 晋

原子力文書 公開制度化したのに 規制委 2年半HP載せず100件以上

原子力文書 
公開制度化したのに 

規制委 
2年半HP載せず100件以上


東京新聞 2018年2月9日 朝刊より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201802/CK2018020902000131.html

 原子力規制委員会が、市民らから情報公開請求を受け、開示した行政文書は原則としてホームページ(HP)に掲載すると自ら制度化しながら、二〇一五年九月以降の約二年半、全ての開示文書の掲載を怠っていたことが八日、分かった。未掲載の大半は、規制委の前身組織で、東京電力福島第一原発事故後、情報公開が不十分だったと批判された経済産業省・原子力安全・保安院や原子力安全委員会(いずれも当時)の文書で、百件を超える。規制委は同日、一部の掲載を始めた。

 規制委は未掲載の理由について「著作権上の検討やサーバーの容量不足で手続きを止めていた」と説明している。

 規制委の情報公開原則は、
旧保安院と東電が
第一原発事故前、
津波の想定を巡って密室でやりとりを繰り返した結果、
対策が遅れて事故を防げなかった失敗などを踏まえて
制度化された。

過去の失敗をさらしてでも
透明性を高めようとの理念を自らないがしろにした形で、
批判が出そうだ


 この原則は一三年十二月、規制委事務局の原子力規制庁の森本英香(ひでか)次長(現・環境省事務次官)が記者会見で「原子力規制関連の文書を原則、(HPに)掲載する」と発表し、即日実施された。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-02-10 06:35 | オンブズマン | Comments(0)