スキーにはまっています。


by 幸田 晋

世界初の地震学会を日本に作った英国人

世界初の地震学会を日本に作った英国人
  はじめて体験した“恐怖”胸に刻み
 
       島村英紀 (地球物理学者)

たんぽぽ舎です。【TMM:No3308】
2018年3月6日(火)午後 10:35
地震と原発事故情報
より一部

┏┓ 
┗■3.世界初の地震学会を日本に作った英国人
 |  はじめて体験した“恐怖”胸に刻み
 |  警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識 その238 
 └────島村英紀 (地球物理学者)

○世界で最初に地震学会が作られたのは日本だ。米国地震学会よりも30年
以上も早く、1880(明治13)年のことだ。ただし、作ったのは英国人だった。
 その英国人はジョン・ミルン。明治政府が数多く雇った「お雇い外国人」
の一人だった。ミルンは鉱山技師として日本に招待されていた。
 早急に西欧に追いつくために、明治時代には、外国人科学者や外国人教
師をお雇い外国人として高給を払って日本に招いた。その人数は8000人以
上もに及んだ。

○英国は地震がほとんどないところだ。小さな地震が起きれば大ニュース
になる。
 ミルンが来日して3年後の1880年2月22日に横浜で地震が起きた。いまか
らちょうど138年前になる。
 この地震のマグニチュード(M)は5.5と推定されている。震度は4くらい
だったと思われる。
 日本人にとっては、それほどの地震ではなかった。被害もいくつかの煙
突の破損や、家屋の壁が落ちた程度だった。
 明治時代の文明開化で西洋風の煉瓦建築が首都圏で増えてきていた。欧
州など地震がない国では、煉瓦造りとは煉瓦をたんに積んだだけの洋風建
築だ。それをそのまま真似た日本の洋風住宅や煙突が地震にいかに弱いも
のであるか、この地震で明らかになったのだ。
 起きたのは深夜1時ごろだったこともあり、ミルンたち横浜に住んでい
た外国人は肝を潰した。生まれてはじめて体験した地震だったのだ。
 この恐怖を胸に刻み込んだミルンは世界最初の地震学会を作った。当時
の会員は117人だったが、日本人の関心は高くはなく日本人は37人しかいな
かった。

○その後、もっと大きな地震が起きた。1894(明治27)年の「明治東京地
震」だ。この地震はM7.0とずっと大きかった。
 東京や横浜などでは震度6の揺れに襲われ、31名の犠牲者を出した。当
時は震度7はまだなかった。つまり最大の震度だった。
 横浜の地震に続いて起きたこの地震は、日本の耐震建築の一里塚になっ
た。西洋から導入した建築とはちがうものが必要とされるようになったの
である。
 震源は東京湾の北部だと推定されている。大きな地震の割に犠牲者がこ
のくらいの数ですんだのは、この地震の震源が直下型地震としてはかなり
深いものだったためだと思われている。
 首都圏の地下に東から潜り込んでいる太平洋プレートと首都圏が載って
いる北米プレートの間に、さらに三つ目として南から潜り込んでいるフィ
リピン海プレート内で起きた地震ではないかと思われている。
 つまり明治東京地震は複雑なプレートの動きが起こした首都圏直下でし
か起きない地震だった。

○震源が浅い安政江戸地震(1855年)のような直下型地震ももちろん首都圏
でも起きる。この地震は震源が浅かったので約1万人の犠牲者を出す大被
害を生んだ。
 他の地域でも起きる地震に加えて、首都圏の地下には、さまざまな深さ
の直下型の地震が起きる可能性があるのだ。
  (島村英紀さんのHP http://shima3.fc2web.com/
  「島村英紀が書いた『夕刊フジ』のコラム」より3月2日の記事)

┏┓ 
┗■1.北朝鮮を窮鼠、猫を咬む状態に追いやって
 | 報復核攻撃を受けたら、東京だけで800万人を超える死傷者
 | それでもトランプと一緒に「最大の圧力」をかけるのか?
 | 3月8日(木)、3月31日(土)スペースたんぽぽ学習会の案内
 └──── 渡辺マリ(たんぽぽ舎ボランティア)

◆ 講座の案内2つ
☆3月8日(木)スペースたんぽぽ 19:00から21:00 参加費:800円
・「朝鮮植民地支配と天皇制から考える 明治150年
 明治はそんなに素晴らしい時代だった?」
お話:加藤圭木さん (一橋大学大学院社会学研究科専任講師)
 ☆3月31日(土) スペースたんぽぽ 13:30から15:30 参加費:800円
・「米国こそが朝鮮半島の戦時状態を望んでいる
  3月3日に平壌から戻った伊藤孝司さんによる、メディアが伝えない
  最新情報と「米軍による朝鮮爆撃の記録映画」上映
   お話:伊藤孝司さん(フォトジャーナリスト)

 〇「38ノース」
 死傷者が800万人を超えるという試算は米ジョンズ・ホプキンズ大の
 北朝鮮分析サイト「38ノース」の試算。IWJが全文仮訳して公開した。 
      (2017年12月15日)
 〇 安倍首相はこう言うべきだ。
  「東京だけで、800万人死ぬかもしれません。しかし私は「国民の皆さ
  んの安全と平和を守るため」にトランプ大統領に従っていきます。そ
  のため、防衛予算も5兆円超えますが理解していただきたい。私はト
  ランプ大統領が掲げた「バイ・アメリカン」も約束したのです」

 〇 世界最強の軍事大国アメリカによる軍事的威嚇に恐怖を感じれば、
  こちらにその気はなくても攻撃してくる可能性がある。
  「窮鼠、猫を咬む」
 〇 韓国と朝鮮民主主義人民共和国、この両国は例えてみれば、同じ敷
  地内にある2軒の家のようなもの。平昌五輪・パラリンピックでせっ
  かく芽生えた南北関係の改善のためトランプ大統領を諫めるのが日本
  の役割であり、それが外交というものだろう。
 〇 そもそも、南北分断は日本による侵略・併合に起因し、その犯罪的
  歴史の責任すらとっていない。その上、また血を流すのか。

 ※上記2つの講座が、日本のすべきことを考える参考になれば、と思います。


┏┓ 
┗■2.「六ヶ所再処理工場の問題」について連続講演会を開催します。
 |  東京(スペースたんぽぽ)、千葉(千葉市・松戸市)2ヵ所、
| 横浜(桜木町)の4会場で
|  3月22日~24日「再処理やめよう!緊急講演会」の呼びかけ
 └──── 沼倉 潤(たんぽぽ舎)

 原燃本社が昨年12月末に、六ヶ所村と青森県に、18年上期竣工予定の再
処理工場を3年間延長すると表明しました。今年になって、共同通信は「電
力8社原燃支援縮小~債務保証料の支払い要求」、さらに「日経新聞」では
「進退窮まる核燃料再処理-問題先送りの罪重く」という記事を掲載して
います。
 核燃料サイクル事業をめぐって、何が起きているのでしょうか。この事
態の真相を多くの市民に伝えたい、そんな想いで核燃料サイクルに関心を
持つ市民団体が集まり、真相解明のパンフレットの発行と緊急講演会の開
催を企画しました。お近くの会場でご参加ください。
【講演会】
  講師:山田清彦氏(核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団事務局長)
○3月22日(木)18:30-21:00     資料代:500円
   会場:スペースたんぽぽ(東京・JR水道橋駅下車)
○3月23日(金)13:30-16:30  資料代:300円
   会場:松戸・ほくとビル4F会議室 (JR松戸駅西口から徒歩7分)
   連絡先:090-4606-9634(吉野)
○3月23日(金)18:30-21:00  資料代:500円
   会場:千葉市生涯学習センター研修室1(JR千葉駅から徒歩7分) 
   連絡先:090-2553-2587(永野)
○3月24日(土)13:30-16:30  資料代:300円
   会場:日本基督教団 紅葉坂教会 (JR京浜東北・根岸線、
           横浜市営地下鉄 『桜木町』駅より徒歩7分)
   連絡先:090-2669-4219(久保)
 【主催】「再処理やめよう!緊急講演会」実行委員会
 [呼びかけ団体:原発いらない千葉/東日本大震災被災者支援千葉西部
ネット/ストップ!プルトニウム神奈川県連絡会/ピースサイクル全国ネ
ットワーク/たんぽぽ舎/再稼動阻止全国ネットワーク/郵政脱原発プロ]
 【連絡先】ピースサイクル全国ネットワーク 吉野 090-4606-9634


*****
by kuroki_kazuya | 2018-03-07 06:15 | 地震 大災害 | Comments(0)