スキーにはまっています。


by 幸田 晋

大間原発建設差し止め訴訟 函館地裁住民の訴え棄却 「具体的危険性はない」との判決に原告団は控訴を検討

大間原発建設差し止め訴訟

函館地裁住民の訴え棄却

「具体的危険性はない」との判決に
原告団は控訴を検討


北海道ニュースUHB 3/19(月) 20:35配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180319-00000009-hokkaibunv-hok

 東日本大震災以降、建設中の原発に対する初の司法判断が下されました。

 青森県の大間原発の建設差し止めなどを求め、北海道函館市の住民団体が、国などを相手に起こした裁判で、3月19日、函館地裁は、訴えを退けました。

 原告団:「不当だ!」

 8年越しの裁判。市民らが対岸の原発に"NO"を突き付けた裁判。思いが届くことはありませんでした。

 函館から津軽海峡を挟んで、最短23キロの位置で建設中の青森県大間原発をめぐっては、2010年、函館市民らが「安全性が不十分だ」などとして、国と事業者である電源開発を相手取り、建設差し止めを求めて函館地裁に提訴していました。

 裁判では、津軽海峡の活断層の有無、ウランとプルトニウムの混合燃料のみを使う世界初のフルモックス発電の安全性や原子力規制委員会の新規制基準の妥当性などが争われていました。

 19日の判決で、函館地裁の浅岡千香子裁判長は、「原子力規制委員会の安全審査の途中であり、さらに新規制基準は不合理なものとは言えないため具体的な危険性があるとは言えない」として、原告の訴えを棄却しました。

 大間原発訴訟原告団 竹田とし子代表:「バカにしている、本当にひどい判決でした。本当に残念。ごめんなさいもうしゃべれません。悔しくて悔しくて…」

・・・(途中略)

 市民らと同様に自治体としての差し止め訴訟を起こしている函館市の工藤市長は「大変残念に思います。判決の詳細を確認し市の裁判に活かしていきたい」とコメント。

・・・(途中略)

 今後、原告側は控訴する方針です。
by kuroki_kazuya | 2018-03-20 06:43 | 裁判 | Comments(0)