スキーにはまっています。


by 幸田 晋

九電、電気料金据え置きへ 再稼働で利用者の期待高まるも…値下げには慎重な姿勢

九電、電気料金据え置きへ 

再稼働で利用者の期待高まるも…
値下げには慎重な姿勢


西日本新聞 3/26(月) 11:08配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00010008-nishinpc-bus_all

 玄海原発3号機の再稼働で、九州電力は電力の供給力が安定、燃料費削減も進み、経営立て直しに向けて前進する。利用者には電気料金の値下げに期待が高まるが、九電はまず、悪化した財務の改善に注力するとして、当面は料金を据え置く方針だ。

 長期間の原発停止によって火力発電の燃料費負担が増し、九電の財務は大幅に悪化。2012年3月期から4年連続で最終赤字を計上した。13年には、家庭向けを平均6・23%値上げするなど33年ぶりの電気料金引き上げを行い、家庭や企業の負担が増した。

 九電によると玄海3、4号機が動くと1基あたり1カ月45億円の燃料費負担が減るという。

 ただ、現在の電気料金は川内原発1、2号機と玄海3、4号機の早期再稼働を見込んで設定。関西電力や北海道電力が福島事故後に2回値上げしたのに対し、九電は1回にとどめており「全国的に見ても安い」(瓜生道明社長)として料金値下げに慎重な姿勢を崩さない。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-03-27 06:45 | 九電労組 | Comments(0)