スキーにはまっています。


by 幸田 晋

不毛に終わる佐川証人喚問

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

不毛に終わる佐川証人喚問

「天木 直人の公式ブログ」  
2018年3月27日より転載


 予想した手前、私は9時半から始まった佐川証人喚問を注視して見ていたが、始まった途端、たちまち失望して見る気をなくした。

 自民党の丸川珠代議員から始まった質問が民進党の小川議員の番になっていまこれを書いている。

 書き終わったら中継を見るのをやめる。意味がないからだ。

 結論から言えば私の予想は見事に外れ、この上なくつまらないものになりそうだ。

 いや間違いなくそうなる。

 なんといっても私が間違っていたのは、検察の捜査が入った時点で肝心なところについて話せないのは当然だということだ。

 それは格好の逃げ答弁の口実になる。

 しかしそれだけではない。

 もし佐川氏が検察に何もかも正直にしゃべっているとしても、それを他のところでしゃべれないのは当然だ。

 そんな事をすれば検察の立場がなくなる。

 訴追を免れるためだけではなく、検察との信義の関係でそれは出来ない。

 そして質問者も、たとえ、野党議員でも、訴追の恐れのある者の権利を奪ってまで答弁を強要することは出来ない。

 検察に取り調べられている者に対する証人喚問には限界があるのだ。

 その基本的な問題を脇においても、佐川氏の答弁は失望的だった。

 確かに彼は自らの責任を認め、謝罪はした。

 自らの答弁の不適切さを認めた。

 おそらく検察に対しては正直にしゃべっているだろうし、訴追も覚悟しているかもしれない。

 しかし、それならもっとはっきり答弁のウソを認める事が出来たはずだ。

 しかし、歯切れが悪かった。

 国会答弁の繰り返しだ。

 ひょっとして、この期に及んでも自らの責任を最小限にとどめようとしているのではないかという歯切れの悪さだった。

 私の予想が的中したのはただ一つ。

 安倍夫妻その他官邸、財務大臣などの指示、影響を聞かれて、一貫してこれを否定し続けた事だ。

 それを聞いた自民党の丸川議員の質問は、「証人喚問ではっきりしたことは安倍夫妻の関わりは一切なかったことがわかりましたと」いって終わった。

 まさしく不毛な証人喚問を象徴する言葉だ。

 因みに、書いているうちにいつしか質問者が共産党の小池氏にうつっていた。

 何が気に障ったのか知らないが、佐川氏の答弁に不満だったらしく大声をあげてこんな証人喚問は無意味だと大騒ぎをした。

 速記を止める事態に発展した。

 こんな証人喚問は見た事がない。

 国会の質疑応答と全く同じだ。

 佐川氏に八つ当たりしてどうするというのだ。

 こんな証人喚問だけで終わりにするわけにはいかない、安倍昭恵夫人を含めすべての関係者の証人喚問を求めると大見得を切って小池氏は質問を終えた。

 これまた不毛な証人喚問を象徴する光景だ。

 残念ながら証人喚問は不発に終わる(了)

*****



佐川氏はすべてを語り、
森友文書改ざん疑惑はヤマを越す


「天木 直人の公式ブログ」  
2018年3月27日より転載


 これは、当たるも八卦、外れるも八卦のたぐいであると思って読んでいただきたい。

 私はいつも、外れる事をおそれずに、大きな事件の直前に自分の予想を書くように努めて来た。

 すべてが終ってから後講釈をしてもはじまらないからだ。

 これから書くこともまさしくその一つである。

 私が佐川氏ならこう話すだろう。

 まず、改ざんを指示した責任の大半は私にあることを認め、国民に深く謝罪する。

 そして、国会でウソ答弁をした事も認め、これまた国民に深く謝罪する。

 つまり事実を素直に認めるということだ。

 一部に予想されている、「検察に聴取されているから何もしゃべらない」ということにはならないのだ。

 その一方で、安倍夫妻の関与はきっぱり否定するだろう。

 すべては私の忖度だというに違いない。

 そしておそらく、それもまた真実なのだ。

 仮にウソであっても、それがウソであるかないかは誰も証明できない。

 安倍夫妻の関与を証明する物的証拠、つまり記録や録音が出て来ればいざ知らず(それが出てくれば何をかいわんやだ。即刻安倍首相は辞任だ)、そうでない限り、安倍首相や妻の責任をこれ以上問うのは難しく、無理だ。

 もちろん野党は肩透かしを食らい、野党や野党を支持する連中は佐川氏の答弁に怒る。

 それでは納得がいかないといって、迫田元理財局長や昭恵夫人の谷前秘書官や今井首相補佐官や、さらには昭恵夫人の証人喚問を求めるだろう。

 しかし、佐川氏の証人喚問が終れば世論の関心は急速にしぼむ。

 次々と証人喚問をし、彼らの言う事を今後も延々と聞きたいとは、一般国民は思わない。

 しかも、予算は、明日28日に参院本会議で成立することが当たり前のようにきょうの各紙に報じられ、野党はとっくにそれを了承しているのだ。

 かくて国会はひとつの山を越し、安倍首相は米国に高飛びし、その後も外交日程を詰め込んで外交に逃げ込む。

 野党は安倍首相の訪米に疑問のひとつも挟もうとしない。

 きょうの佐川氏の証人喚問が、安倍政権と佐川氏の合意の上の周到なシナリオかどうかは知らないが(私はそこまでのシナリオはないと思っている)、佐川氏は自ら罪をかぶる事によって(もちろん自業自得だが)、進んで(つまり安倍首相からあらたな見返りを得て余生を保証されるなどという事ではなく)、政権を守る事になる。

 はたしてその通りになるかどうか。

 もちろんそれはわからない。

 見事に私の予想が外れる展開になるかもしれない。

 しかし、私は、もはやここまでくれば、佐川氏は覚悟を決めていると思うのだ。

 すべてを語って人生をやり直したいと佐川氏が考えてもおかしくない。

 だからといってすべてをぶちまけて安倍首相を追い込むような発言はしないと思う。

 果たして佐川氏は何を語るのか。 

 その結果はまもなくわかる(了)

*****




米国との貿易ディールでも
文大統領に先を越された安倍首相


「天木 直人の公式ブログ」  
2018年3月27日より転載



 きょう3月27日の各紙が一斉に報じた。

 米韓FTA(米韓二国間自由貿易協定)の再交渉が大筋合意したと。

 このニュースがすべてを物語っている。

 あれほどこじれていた米韓FTA交渉が急きょ大筋合意に転じた。

 その内容を見れば、急きょ合意した理由は明らかだ。

 WTOのルールに反してまでも韓国は米国の鉄鋼輸入枠を受け入れた。

 その見返りとして、米国の輸入規制措置の対象国という不名誉を免れたのだ。

 さらに言えば、この韓国の貿易交渉での譲歩は、北朝鮮問題で米国を北との融和策へ譲歩させる見返りに違いない。

 おそらくここ2か月ほどの間に、トランプ大統領と文在寅大統領との間で水面下の首脳外交が重ねられてきたに違いない。

 これこそがギブ・アンド・テイクだ。

 ひるがえって安倍首相はトランプ大統領とどんな話をしてきたというのか。

 対北朝鮮への圧力一辺倒に終始し、トランプ大統領に100%従属してきただけだ。

 南北対話に踏み切った韓国には、「米朝軍事演習は止めるな」と注文をつけて、文在寅大統領に内政干渉するなと怒鳴られている。

 そして、トランプからはしごを外されたいまでも、訪米して北朝鮮に騙されるなと注文をつけようとしている。

 これでは、トランプの感情を害して、つぎはお前を更迭する番だ(YOU ARE FIRED)と言われるのがオチだ。

 おまけにお前は俺よりオバマが重要なのかと言われかねない。

 4月に訪米してトランプ大統領と首脳会談するなら、真っ先に安倍首相がなすべきことは、日本を貿易規制の適用除外国にしなかった事に対する怒りをみずからトランプ大統領にぶつけて撤回させることなのに、きのうの国会で安倍首相は何と答えたか。

 「(日米の)担当閣僚間の話の進展を見ながら判断する」と答えたというのだ。

 世耕経産相がいくら頼んでもムニューシン財務財務長官は応じようとしなかったのにまだ閣僚に任せると言っているのである。

 そのうちトランプ大統領は安倍首相に言ってくるだろう。

 韓国でさえそうした。

 日本も輸入規制の適用除外にして欲しければ、日本の市場を開放しろと。

 その時こそ安倍首相が悪夢を見る時である。

 そうなる前に安倍首相は辞めた方がいい。

 もちろん国民の為であるが、自分の為でもある(了)

*****
by kuroki_kazuya | 2018-03-28 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)