スキーにはまっています。


by 幸田 晋

いま蘇る08年4月17日の名古屋高裁の歴史的名判決

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

いま蘇る08年4月17日の
名古屋高裁の歴史的名判決


「天木 直人の公式ブログ」  
2018年4月4日より転載


 イラク戦争を支持した小泉政権下で、戦地のイラクに自衛隊が派遣された。

 それに抗議して全国で、燎原の火のごとくイラク派遣差し止めを求める集団訴訟が起きた。

 私はその一つである名古屋の集団訴訟に原告の一人として加わった。

 その名古屋の集団訴訟の控訴審判決において、名古屋高裁(青山邦夫裁判長)は2008年4月17日、歴史的な判決を下した。

 すなわち航空自衛隊が首都バグダッドに多国籍軍を空輸していることは憲法9条違反だと断定したのだ。

 この判決は損害賠償を求める原告側の要求を退けた。

 その意味ではわれわれ原告側の敗訴だ。

 しかし、その判決文の中で自衛隊のイラク派遣は違憲だと断じた。

 われわれ原告側は最高裁に上告しなかったから、この判決は確定した。

 つまり、この判決によって、この国の司法がはじめて最高裁の判断を待つことなく、自衛隊のイラク派遣は憲法9条違反だと断定したことになったのだ。

 しかし、この判決の画期的なところは、それだけではない。

 たとえ政府側の立場に立って自衛隊のイラク派遣は合憲であるとしても、自衛隊の活動は当時つくられたイラク特措法(イラクに自衛隊を派遣することを認めた特別措置法)にさえも違反していると断じたのだ。

 つまり憲法違反にとどまらず法律違反でもあると断じたのだ。
 
 なぜ私がここでこの名古屋高裁の判決を思い出したかと言えば、当時は自衛隊の活動状況について政府が開示する情報は極めて限定的であり、黒塗りで隠されたものばかりだった。

 それでもわれわれ原告側は、限られた政府情報に加え、新聞報道などの公開情報を丹念に積み上げて、自衛隊の活動が如何に憲法9条違反であるかを主張した。

 名古屋高裁の青木裁判長はわれわれの主張に見事に呼応して、政府と同じ立場に立って審理しても、自衛隊のイラク派遣は違憲、違法であると判決文で認定したのだ。

 もしイラク日報の存在がその時判明し、その内容が公開されていたら、青木裁判長は、もっと明確に自衛隊のイラク派遣の差し止めを断言出来たに違いない。

 いまわれわれは2008年4月17日に下された名古屋高裁の歴史的名判決をよみがえらせなければいけない。

 青木裁判長の英断を称え、あの時の判決を活かさなければいけないのである(了)

*****




野党はいますぐヒゲの佐藤の
証人喚問を要求すべきだ


「天木 直人の公式ブログ」  
2018年4月4日より転載


 イラク日報の存在が明らかになって一夜明け、もっぱら官僚組織の文書管理のずさんさばかりが追及されている。

 それもいいだろう。

 なぜこんな馬鹿な事が起きたのか。

 なぜ存在しなかった日報が存在したのか。

 そこに組織的隠ぺいではなかったのか。

 それを明らかにすることは重要だ。

 しかし、いま真っ先に野党が行う事はそれではない。

 森友文書改ざんと絡めた追及や、南スーダン日報問題の蒸し返しではない。

 出て来たイラク日報の内容をいますぐ公開せよと求めることだ。

 なぜイラク日報が隠され続けてきたのか。

 そこに何が書かれているのか。

 その究明と国民への情報開示こそ求められる。

 きょうの紙面でその事に焦点を当てたのは朝日新聞だけだ。

 社運を賭けて、安倍政権と生きるか死ぬかの戦いを繰り広げている朝日だけのことはある。

 すなわち朝日はきょう4月4日の紙面(時々刻々)で書いている。

 一体何が書かれているのかと。

 当時小泉首相は「活動地域が非戦闘地域でなくなれば撤収する」と明言しつつ、2004年と2005年に自衛隊イラク派遣を延長した。日報に書かれている状況と矛盾はないのかと。

 そして朝日はきょうの社説で書いている。

 03年のイラク戦争開戦から15年。米英やオランダの政府は独立調査委員会を設け、「大義なき戦争」の実態を徹底検証した。ところが日本は検証らしき検証もなく安保関連法を成立させ、自衛隊の海外活動の幅を大きく広げた。

 防衛相は今月半ばまでにイラク日報を公開するとしているが、「黒塗りばかり」では許されない。イラク戦争の検証に資するよう最大限の開示を強く求めると。

 その通りなのだ。

 イラク日報の存在が明らかになった本当の意義は、イラク戦争を支持した日本政府の誤りと、自衛隊のイラク派遣の違憲性を否定し続けた歴代政権の虚偽答弁の再検証を催促していることだ。

 野党が今緊急に安倍政権に迫ることは、稲田前防衛相の証人喚問ではない。

 憲法9条違反の自衛隊派遣を指揮し、帰国後に国会議員になって安倍違憲政権を擁護し続けるヒゲの佐藤の証人喚問である(了)

*****
by kuroki_kazuya | 2018-04-05 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)