スキーにはまっています。


by 幸田 晋

海自艦「いずも」 初の米艦防護へ出港 安保法新任務

海自艦「いずも」 

初の
米艦防護へ出港 

安保法新任務


東京新聞 2017年5月1日 夕刊より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201705/CK2017050102000242.html

 安全保障関連法に基づく新任務で、自衛隊が平時から米国の艦艇などを守る「武器等防護」を行うため、海上自衛隊のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」が一日午前、横須賀基地(神奈川県)を出港した。米側の要請を受けて、稲田朋美防衛相が実施命令を出した。米艦防護は昨年三月の同法施行後、初めての実施となる。 (荘加卓嗣)

 同日午後、東京湾を出た太平洋上で米海軍の補給艦と合流し、四国沖まで一緒に航行する計画で、日程は二日程度。防護対象の米海軍の補給艦は「いずも」と四国沖で別れた後、北朝鮮沖に向かう見通し。弾道ミサイル発射に備えている米海軍の原子力空母「カール・ビンソン」など米軍の艦船に補給をするとみられる。

・・・(途中略)

<護衛艦「いずも」> 
全長248メートル、全幅38メートルの
海上自衛隊最大級の護衛艦で、
甲板が艦首から艦尾までつながった
空母のような「全通甲板」が採用されている

同時に5機のヘリコプターの発着艦が可能とされ、米海兵隊のMV22オスプレイも発着できる。高性能20ミリ機関砲2基のほか、ソナーや対艦ミサイル防御装置などを備える。2015年3月に就役。離島防衛作戦などの有事や大規模災害時に洋上司令部として活用される。
by kuroki_kazuya | 2017-05-02 06:25 | 軍事 | Comments(0)