スキーにはまっています。


by 幸田 晋

脱原発、毎金曜訴え7年目 関電京都支店前、市民や避難者ら

脱原発、毎金曜訴え7年目 

関電京都支店前、
市民や避難者ら


6/29(金) 23:00配信より一部

京都新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180629-00000029-kyt-soci

 東京電力福島第1原発事故のあと、脱原発を訴える市民が毎週金曜に関西電力京都支社前(京都市下京区)で実施している抗議行動「キンカン行動」が29日、7年目に入った。2012年6月29日の開始以来、年末年始や盆も含め1度も休まずに活動を続けている。路上で行う抗議活動がこれほど長期間にわたって続くのは異例。この日はたまたま1回目と同じ6月29日となり、土砂降りにもかかわらず約100人が参加して、「再稼働撤回」「琵琶湖を守ろう」と声を上げた。
 キンカン行動は、関電大飯原発3、4号機の再稼働を翌月に控えて再稼働反対の機運が高まった12年6月にスタート。原発全廃を求める市民や原発避難者、被爆者などが毎週金曜午後5時から約2時間、同支店前でマイクアピールやビラ配り、デモ行進をして原発廃止を訴えている。開催回数は313回、参加者はのべ3万人以上に達し、関電や自治体への再稼働反対申し入れや、原発廃止を訴える集会「バイバイ原発」とも連携して行動してきた。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-06-30 06:55 | 大衆 | Comments(0)