スキーにはまっています。


by 幸田 晋

東海第二原発 再稼働の後押しなのか

東海第二原発 

再稼働の後押しなのか


東京新聞 【社説】 2018年7月14日より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2018071402000165.html

 この秋四十年の法定寿命を迎える東海第二原発(茨城県)が、施行から五年の新規制基準に「適合」と判断された。運転延長の審査はより慎重に進められるべきなのに、どうしてそんなに急ぐのか。

 原子力規制委員会とは、福島第一原発事故の反省に基づいて、巨大な危険をはらむ原発を、名前の通り「規制」する機関ではなかったか。その規制委が、日本原子力発電東海第二原発は、3・11後に改められた原発の新規制基準に「適合」すると判断した。

 東海第二は一九七八年十一月に運転を開始した。この秋、四十年の法定寿命を迎える古い原発だ。

 ただし、より厳しい審査に通れば、一度限り二十年の運転延長が可能なルールになっている。

 東海第二の再稼働には、このあと十一月までに、運転延長の審査にパスする必要があり、それには三、四カ月かかるという。スケジュール的にはぎりぎりのタイミングで出た適合判断だったのだ。

 十数基の再稼働審査が並行して進む中、規制委は最優先で事を進めた。その上審査の中身も甘い。 例えば総延長千四百キロメートルにも及ぶ電気ケーブルは、本来すべて燃えにくいものに取り換えるべきなのに、原電側が示した対策では、交換するのは四割弱。残りは防火シートなどで覆うという。それでも“合格”なのである。

 東海第二が認められれば、延長はすでに四基目だ。
そもそも運転延長は
極めて例外的な措置だったはずである。

これでは、
再稼働の後押しだ。
3・11以前への後戻りとの
批判が出ても仕方あるまい。


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-07-15 06:25 | 核 原子力 | Comments(0)