スキーにはまっています。


by 幸田 晋

ついに馬毛島が米軍と自衛隊の新たな軍事拠点になる衝撃

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

ついに馬毛島が
米軍と自衛隊の新たな軍事拠点になる衝撃


「天木 直人の公式ブログ」  
2018年7月15日より転載


 きょう7月15日の産経新聞が一面トップでスクープ報道した。

 防衛省は鹿児島県西之表市の馬毛島を買収し、米空母艦載機の陸上離着陸訓練地にする方針を固めたことがわかったと。

 米軍の訓練期間は年間2週間程度で、残りの期間は自衛隊海・空の航空機訓練用に活用すると。

 そうなることはこれまでの報道で断片的に報じられていたとはいえ、ついに馬毛馬が、我々の税金を使ったあらたな米軍と自衛隊の基地になるのだ。

 この衝撃は大きい。

 馬毛島は、かつて鳩山首相が「最低でも県外」と言って普天間基地の代替地にしようとした無人島だ。

 馬毛島を所有する開発会社が政府に高く売りつけようとしてうまくいかず破産するなど、いわくつきの無人島だ。

 結局、馬毛島などは、米国の最新軍事基地の代替にはなり得るはずもなく、普天間基地の辺野古移設はそのまま強行され、馬毛島はあらたな米軍と自衛隊の拠点となる。

 米軍艦載機は米軍厚木基地から岩国基地へ拠点を移し、その訓練地の拠点が岩国から馬毛島に展開し、そして米軍が使わない1年間の大部分の間は、自衛隊戦闘機の訓練地として馬毛島が使われることになるのだ。

 防衛予算にまかせた米軍支援のやりたい放題だ。

 おまけに、米軍支援にかっこつけて自衛隊基地の拠点を強化する。

 しかもそれが中国の脅威に備えた自衛隊の南西防衛の強化であるという。

 すなわち、産経新聞のスクープ記事はこう書いている。

 南西方面で唯一の拠点である那覇基地の滑走路が破壊されれば現状では代替拠点がなくなる。事前にF15を馬毛島に分散配備しておけば、那覇基地が攻撃されてもF15の壊滅が避けられると。

 驚くべき中国との戦争ごっこだ。

 安倍政権下であればこそできる自衛隊のやりたい放題だ。

 日本中が米軍と自衛隊の基地だらけになる。

 それを教えてくれる産経新聞の噴飯物のスクープ記事である(了)

*****




慰安婦問題の棚上げを
画策し始めた安倍首相の無節操


「天木 直人の公式ブログ」  
2018年7月15日より転載


 きょう7月15日の地方紙(下野新聞)が報じたから、おそらく共同通信のスクープに違いない。

 安倍首相は、韓国との交流拡大に向けた方策を議論する有識者会合を設置する方針を固めたという。

 政府関係者が14日明らかにしたという。

 その狙いは、慰安婦問題で行き詰った日韓の対立を緩和し、小渕恵三首相と金大中大統領が発表した日韓共同宣言(1998年10月)を再検証するためだという。

 今年10月の共同宣言20周年を踏まえた対応であるという。

 このスクープ報道は、これから大手新聞などが後追い報道をはじめ、安倍外交の大きなテーマになっていくだろう。

 私はこの共同のスクープを知ってあらためて安倍外交の行き詰まりを見た。

 行き詰まりを打開するために、自らの歴史認識すら封印する安倍首相の無節操さを見た。

 いうまでもなく慰安婦問題がなぜここまで大きくなったかは、安倍首相が間違った歴史認識に拘泥したからである。

 安倍首相が慰安婦問題に拘泥しなければ、ここまで慰安婦問題が深刻な日韓間の外交・政治問題にならなかったに違いない。

 安倍政権の下で世界中に慰安婦像が設置され、ついに7月8日の産経新聞が報じた。

 台湾の慰安婦記念館で、アンネ・フランク展が始まり、ホロコーストと慰安婦問題を同列視するかのような展示が行われたという。

 親日の台湾でさえここまで慰安婦問題が取り上げられるようになったことは深刻だ。

 慰安婦問題が日本の歴史的汚点に発展してしまったのも、すべては安倍政権の間違った歴史認識に基づく慰安婦問題否定の結果である。

 なぜそこまで慰安婦問題を否定するのか。

 それは安倍首相みずから依拠する日本会議の影響があるからだ。

 だからこそ、韓国に文在寅新政権が誕生し、昨年12月に日韓慰安婦不可逆合意を見直すと言い出した時、安倍・菅・河野コンビが激怒し、これで日韓関係は終わったと言わんばかりの外交的暴言を吐いたのだ。

 だったら、最後までその信念を貫いたらいいものを、ここにきて慰安婦問題を棚上げするというのだ。

 日韓共同宣言20周年を祝うというのだ。

 1998年10月に小渕首相と金大中大統領が署名し、発表した日韓共同宣言には何と書かれていたか。

 小渕首相は、日本の植民地支配が韓国国民に多大の損害と苦痛を与えた歴史的事実を謙虚に受け止め、痛切な反省と心からのおわびを伝え、金大中大統領はこれを評価した上で、未来志向の日韓関係の発展に向けた努力を強調した。

 安倍首相は7月8日に行われた日米韓三か国外相会談の際に韓国の康京和外相と官邸で面会した時、「今年の秋には宣言20周年を迎える。未来志向の日韓関係を発展させた」と表明したらしい。

 この厚顔ぶりはどうか。

 だったら最初から小渕首相を見習っておけばよかったのだ。

 慰安婦問題がこんなに大きくこじれることはなかったはずだ。

 歴史的な米朝首脳会談が行われ、日韓関係も北朝鮮関係も行き詰まったままでは、自らも行き詰ってしまう。

 だから、自らの間違った歴史認識を封印して、小渕・金大中の日韓共同宣言に立ち返ろうとする。

 そんな支離滅裂の日韓外交のお膳立てをする有識者会合のメンバーを引き受ける有識者とはどんな顔ぶれになるのか、容易に想像はつくが、安倍首相と同様に無節操な顔ぶれになること間違いない(了)

*****
by kuroki_kazuya | 2018-07-16 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)