スキーにはまっています。


by 幸田 晋

バスで取手へ避難 原発事故想定 東海村民ら400人訓練

バスで取手へ避難 
原発事故想定 

東海村民ら400人訓練


7/17(火) 10:00配信より一部

茨城新聞クロスアイ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000007-ibaraki-l08

日本原子力発電東海第2原発(東海村白方)の過酷事故を想定し、同村は16日、広域避難計画に基づき取手市まで住民を移送する避難訓練を行い、避難所開設や災害対策本部の移転など一連の流れを確認した。

東海第2の使用済み燃料貯蔵プールの水位が低下するトラブルで、全村民が避難する設定で行われた。

訓練には、村民約170人や村職員、関係機関職員ら計約400人が参加。村は役場に災害対策本部を立ち上げ、防災無線やエリアメールで住民に避難を呼び掛けた。自力で逃げるのが困難な「避難行動要支援者役」の村民が村総合福祉センターに集まり、バス5台に分乗。高速道路を使って同市立藤代南中まで逃げた。移動時間は1時間半程度だった。

村民の到着に先立ち、同校体育館で取手市職員が避難所を開設した。熱中症対策として、体育館には扇風機や簡易型クーラーが用意された。村は災害対策本部を同市役所藤代庁舎に移転した。ただ、避難所と連絡を取る無線の電波状態が悪く、使用できない問題も生じた。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-07-18 06:48 | 核 原子力 | Comments(0)