スキーにはまっています。


by 幸田 晋

櫻井よしこ氏の「捏造」攻撃のウソ明らかに

『朝日』元記者裁判が結審

櫻井よしこ氏の「捏造」
攻撃のウソ明らかに


週刊金曜日

中町広志 2018年7月26日10:30AMより一部

http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/2018/07/26/antena-289/

元『朝日新聞』記者の植村隆氏が櫻井よしこ氏と新潮社らを名誉毀損で訴えた裁判が7月6日、札幌地裁で結審した。2016年4月に審理が始まってから開かれた口頭弁論は延べ12回だった。

この日、植村弁護団は111ページ、8万2000字に及ぶ「最終準備書面」を提出した。同書面のハイライトは、「本人尋問によって明らかになった被告櫻井の杜撰な調査実態等」と題したパートだ。櫻井氏はどのような取材、調査、確認作業を行なって執筆したのか。植村氏への「捏造」攻撃には正当な根拠があるのか。それらを前回弁論(3月23日)の本人尋問で問い質した結果明らかになった重要な事実が、15ページにわたって詳しく列記されている。主なものを紹介すると――。▽櫻井氏は植村氏や重要な関係者の取材を一切行なっていない▽「慰安婦」だった金学順さんの「訴状」の引用の誤りを繰り返した▽金さんの記者会見の内容と「慰安婦」となった経緯も正確に把握していない▽単なる想像に基づいた記述を行ない、本人尋問にも不合理な供述内容がある▽「慰安婦」問題の講演で架空の話を作り上げた過去もある。

櫻井氏は
本人尋問で、
誤りやミスをほとんど認めていた。


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-07-28 06:38 | 反動 | Comments(0)