スキーにはまっています。


by 幸田 晋

どうかしているぞ!政府の放射能事故処理策!

どうかしているぞ!
政府の放射能事故処理策!
 
680基の放射能タンク
汚染水を海に流す!!

せっかく集めた汚染物を
資源とみなし、全国にばらまく!!
   
(その2)

          
山田知恵子
       
《脱被ばく実現ネット
(旧ふくしま集団疎開裁判のい会)》

たんぽぽ舎です。【TMM:No3439】
2018年8月20日(月)午後 11:06
地震と原発事故情報
より一部

┏┓ 
┗■1.経産省前テントひろば「渕上太郎と暑気払い」開かる
 |  鎌田 慧さん、落合恵子さんも発言・激励
|  「テント」を続けていこうの意気高まる
 └──── 柳田 真(たんぽぽ舎)

◎ 8月17日(金)夕方、東京港区北青山のクレヨンハウスで、「経産省前テント
ひろば」の「渕上太郎と暑気払い」会が開かれた。
 鎌田 慧さんや下山 保さんの発案のようで、私もよびかけをうけて参加した。
 (クレヨンハウスは落合恵子さんの主催する素敵な店)

 当日の案内文は次のようにいう

 … 理不尽にも渕上太郎の腹中にガン細胞が巣くっている。白馬の騎士ならぬ
白血球が果敢に戦っているが、こいつなかなかしぶとい。嫌っても、シカトして
も、怒鳴りつけても平気の平左で居座っている。まるで、日本の腹中に巣くうガ
ン細胞(abe)とそっくり。
 今夜は、暑気払いと「ガン払い」だ。景気よくおだを上げて、渕上腹中のガン
と日本腹中のガンを追っ払おう。 …

◎ 大賀英二さんが司会。よびかけ人の鎌田 慧さんと落合恵子さんが最初に発言。
 それぞれ、「経産省前テントひろば」の活動とまとめ役の渕上太郎さんの活動
を賞賛、今後もがんばってほしい「私たちも応援する」と力強いことば。
 元気な姿の江田忠雄さんの乾杯のあと、渕上さん夫妻が発言-とくに奥様の発
言-ue
 …夫は経産省前テントへ行くことが生きがい-が、とても印象に残った。渕上
さんは「テント」に生命をかけて闘ってきたのだとあらためて感じた。

◎ 参加者みんなからひとこと、ふたことのあいさつ。「テント」の仲間や9条
改憲阻止の人びとから多彩な発言。いろんなエピソードが話された。それらを聞
いて思ったことは、「テント」運動は多くの人を育てた(成長させた)、渕上さん
も含めて人々を成長させた(9条改憲阻止の人の発言)と感じた。

 柳田は2点のべた。1つは、「テント」は当事者が思っている以上に、相手に
「重み」=「脅威」を与えている。今後も続けてほしい(たんぽぽ舎も全力で「テ
ント」を応援する)。2つは、東京駅まで110kmの近さの、東海第二原発の20年
運転延長反対、廃炉の闘いの戦列をこれまで以上にいっしょに闘ってほしい。
 会の途中で、渕上さんから、「俺も東海第二原発(反対で)がんばるから」とい
われうれしかった。
 大口弁護士から「10月20日(土)の800人大集会に参加するから」といわれうれし
かった。 総じて、渕上太郎を激励し、「テント」を続けていこうの意気が高ま
った雰囲気の良い集会でした。


┏┓ 
┗■2.どうかしているぞ!政府の放射能事故処理策!
 |  680基の放射能タンク汚染水を海に流す!!
 | せっかく集めた汚染物を資源とみなし、全国にばらまく!!
 |  (その2)
 └──── 山田知恵子
       《脱被ばく実現ネット(旧ふくしま集団疎開裁判のい会)》

  (その1)は、8/10発信【TMM:No3438】に掲載。

 福島第一原発事故から7年経ち、本質的な事故処理は殆どできないまま、放射
能汚染水タンクは増え続けており、また膨大な税金をつぎ込んだ除染政策により、
放射能汚染物を詰めたフレコンバッグの山もどんどん増え、バッグの耐用年数を
超えた物も多数出ています。

 このような中で、私たちの命と健康を無視したとしか思えない恐ろしい計画が
次々と進められています。政府は7月13日に第一原発敷地内に増え続けている汚
染水タンクを撤去する方針を固め、トリチウムを含む汚染水を海洋放出する方針
です。

 また、環境省は既に2016年6月に道路などの公共事業に汚染土壌を使用する方
針を決めていましたが、今年6月には福島県内の8000ベクレル/kg以下の汚染土壌
を、資源として農地などに利用することまで決定し、正気の沙汰とは思えない状
況です。

 福島第一原発事故による環境汚染は関東にまで及んでおり、原発事故の放射能
による、命と健康への打撃をこれ以上増やさないために、政府の放射能ばらまき
政策を止めさせなければなりません。

 ★放射能基準値100Bq/kgって本当に安全ですか?★

 現在の食品放射能基準値は水道水で、平成20年度の25万倍にもあたる10ベクレ
ルまで容認するなど、私たちが事故前に食べていた物に比べて驚く程高い放射能
を容認するものです。体に入った放射性物質は排泄されるまで放射線を出し細胞
を傷つけます。
  (例:1本のβ(ベータ)線が1cm進む間に2万5千個の分子を切断)
 今、私達は人類が経験したことのない人工放射能の中で生活しています。
 健康な生活を続けて行くために、食品や呼吸などから身体に放射能を取り込む
内部被ばくに特に気をつけ、放射能汚染された食べ物を食べないように注意して
ください。 (「脱被ばく実現ネット」のチラシより)


┏┓ 
┗■3.東海第二原発(茨城県東海村)の本質的問題 (その8)
 |  東海第二原発への資金投入は福島第一原発事故対策の妨害になる
 | 巨額の資金の多くは、電力からの支援金や債務保証だ
 └──── 山崎久隆(たんぽぽ舎副代表)

9.東海第二原発への資金投入は福島第一原発事故対策の妨害になる
  巨額の資金の多くは、電力からの支援金や債務保証だ

 東海第二原発の電力を最も多く買うのは東電である。東電は原電に役員を出し
ており、密接な関係にある。
 東海第二原発の再稼働について東電と東北電は支援を約束している。東北電は
債務保証を含む支援を検討しているが、東電は債務保証をは言っていない。では
どのような支援をするのか。

 現在に至るも東電はその内容を明らかにしていない。
 しかし東電自身が福島第一原発震災の加害企業として賠償責任を負っている。
その履行については極めて大きな問題が生じており、事実上賠償責任を放棄して
いるとみられる場面がある。
 これら賠償をしない企業が、またしても他の原発への支援資金を出すことなど
認められない。 (その9)へ続く

*****
by kuroki_kazuya | 2018-08-21 06:15 | 核 原子力 | Comments(0)