スキーにはまっています。


by 幸田 晋

米国と中国の「板挟み」ではない。支離滅裂なだけだ

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

米国と中国の「板挟み」ではない。
支離滅裂なだけだ


「天木 直人の公式ブログ」  
2018年8月31日より転載


 きょうの各紙が報じた。

 訪中した麻生太郎副総理兼財務相は、トランプの米国の保護主義を念頭に、「保護主義的で内向きな政策はどこの国の利益にもならない」ことで中国側と認識が一致したと。

 強烈なトランプ批判だ。

 しかし、日本にとって最大の同盟国である米国は、中国との「貿易戦争」を激化させている。

 日本は、そんな米国に配慮しなければいけない板挟みに追い込まれていると。

 板挟みどころではない。

 いまトランプの米国は、貿易戦争にとどまらず、中国と本物の戦争も辞さないと言わんばかりに外交・安保面で敵意をあらわにしている。

 南シナ海どころか宇宙までも中国の軍事覇権を許さない。

 中国の核心的利益である「一つの中国」を無視するかのように、台湾との関係を強めている。

 ついに北朝鮮の非核化が進まないのは中国のせいだと言い始めた。

 ところが、安倍首相はそんなトランプ大統領との緊密な関係を誇ることを隠そうとしない。

 トランプの米国と一緒になって、対中戦争に巻き込まれても仕方がないと言わんばかりの改憲であり、新防衛大綱の策定だ。

 板挟みどころか、股裂き状態だ。

 それもこれも、安倍首相の支離滅裂な対中外交のせいだ。

 歴史認識の違いで6年近くも訪中できないままだった。

 そしてその歴史認識の違いは何も変わっていないのに、日中友好40周年を記念して首脳間の相互訪問を最優先している。

 みずからの10月訪中実現のために、あらゆる環境整備をし始めた。

 日本企業のためには電気自動車高速充電器の統一規格の共同開発で合意し、ついに「一帯一路」にも協力する話し合いを始めた。

 その一方で、トランプがイランからの原油禁止を言い出せば、日本企業や国民の不利益を承知の上で従属する。

 すべては安倍首相の戦略のなさ、支離滅裂のせいだ。

 その結果、日本を股裂き状態に追い込んでいるのだ。

 安倍三選後は、それがさらに顕著になっていくだろう。

 外交の安倍と悦に入っているのは自分一人だ。

 どこまでもおめでたい首相である(了)

*****



このままでは安倍も石破も、
小泉さえも終る自民党総裁選


「天木 直人の公式ブログ」  
2018年8月31日より転載


 自民党総裁選に関する記事を読むにつけ、つくづく思う。

 まったくつまらない総裁選になりそうだと。

 ここまで来たのだから、石破氏はもっと、もっと、「安倍三選を許さない」という覚悟を国民に見せなければいけない。

 飯島勲が発売中の週刊文春で書いた。

 どうせ勝てないのだからいまからでも遅くない。総裁選から降りろと。

 それに石破氏は怒って見せた。

 しかし、怒る暇があったら、もっと激しく打倒安倍政権の旗を鮮明に掲げるべきだ。

 このままではハプニングは起こらず、負けた時点で石破氏は終わる。

 一方の安倍首相も、しかし、勝っても終わる。

 安倍首相はきのう30日、名古屋市で開かれた自民党の会合で、「私にとっては最後の総裁選となる」と述べたという。

 いまの自民党規約は三年三期が限度だから、当然のことを言っているまでだ。

 そう言う余裕があるほど、勝利が確実だということだ。

 そう言って、陣営を引き締めて必勝を期すつもりだ。

 しかし、こんなことを公の場で発言することは異例だ。

 おそらく自らも覚悟しているのだろう。

 総裁選の後はレームダックになると。

 下手をすれば任期満了前の辞任もあり得ると。

 2020年の東京五輪を花道とこころえ、それまにやりたいことをすべて自分の手でやって終わろうと。

 その意味で、最後の総裁選となると公言した安倍首相も、終わったという事だ。

 そして小泉進次郎だ。

 今日発売の週刊フライデーが書いた。

 安倍三選が確実視されている中で、せめて小泉進次郎の侠気を見てみたいと。

 立つべき時に立てる政治家でなければ、総理を目指す資格はないと。

 これは、無責任な写真週刊誌の売らんかなの挑発記事である。

 しかし、政治的には、これ以上ない正しい挑発記事でもある。

 小泉進次郎が安倍と石破のどちらに投票するかは、いくら隠そうとしても隠せない。

 もし進次郎が安倍首相を支持してみずからの自民党総裁の道を開くつもりでも、安倍支持がわかったとたん国民の人気は半減するだろう。

 侠気を見せなかった小泉進次郎は小泉純一郎にはなれず、たとえポスト安倍の一人として入閣し、将来の首相の座を確保したとしても、安倍首相が破壊した後の日本の首相は貧乏くじだ。

 そんなことよりも、ここで石破氏を応援して安倍三選を阻止し、石破政権で入閣して、少しはましな日本にしてから首相になった方がはるかに得策なのだ。

 このままでは安倍も、石破も、小泉進次郎さえも終ると私が書いた意味はこういう事である(了)

*****
by kuroki_kazuya | 2018-09-01 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)