スキーにはまっています。


by 幸田 晋

MOX燃料、再処理せず 電力10社が費用計上中止

MOX燃料、
再処理せず 

電力10社が
費用計上中止


東京新聞 2018年9月3日 朝刊より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201809/CK2018090302000138.html

 通常の原発でプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を燃やすプルサーマルを巡り、原発を持つ電力会社十社が、一度使ったMOX燃料を再処理して再び燃料として利用するための費用の計上を、二〇一六年度以降中止していたことが二日、分かった。政府は核燃料サイクル政策の一環としてMOX燃料を再利用する方針を掲げていたが、電力各社が費用計上をやめたことで資金面での根拠を失い、事実上、MOX再処理の断念となる。

 MOX再処理には新たな再処理工場の建設が必要で、巨額の費用がかかることが断念の理由とみられる。政府は七月に閣議決定したエネルギー基本計画で、使用済みMOX燃料の「処理・処分の方策を検討」と明記、初めて廃棄物として処分する選択肢にも言及した。MOX再処理ができなくなれば、核燃料の再利用は一度のみとなり、核燃料サイクルの意義は大きく崩れることになる。

 プルサーマルは、再稼働した関西電力高浜原発や四国電力伊方原発、九州電力玄海原発で実施中。政府と電力会社は国内外に保有する余剰プルトニウム削減のため、今後も順次プルサーマルの原発を増やしたい考えだが、
使い終わったMOX燃料は
再処理されないため、
全て廃棄物となる恐れが出てきた。


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-09-04 06:58 | 九電労組 | Comments(0)