スキーにはまっています。


by 幸田 晋

厳しいものにならざるを得ない第二回日米新通商協議

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

厳しいものにならざるを得ない
第二回日米新通商協議


「天木 直人の公式ブログ」  
2018年9月13日より転載


 きょう9月13日の各紙が報じた。

 第二回目の日米新通商協議会合を9月21日からニューヨークで開く方向で日米両政府が調整している事が12日わかったと。

 9月21日といえば自民党総裁選の直後だ。

 やはりそうだったのだ。

 8月9日に開かれた茂木敏充経済再生担当相とライトハイザーUSTR代表の第一回目の日米新通商協議会合は、日米の立場の違いを浮き彫りにしただけの不毛な会合だった。

 それを見て私は書いた。

 無理もない。

 初会合は具体的協議をするためのものではなかったからだ。

 実質協議を早く始めようと迫る米国に対し、9月20日の自民党総裁選まで待ってくれ、自民党総裁選の前に難題を米国からぶつけられると、総裁選における安倍首相の立場が不利になる、だから実質的な協議は総裁選の後にしたい、それまで待ってほしい、と頼み込むための会合であったからだと。

 だからこそ初会合の代表は通商問題を担当していない茂木敏充経済再生担当相という「特使」だったのだ。

 そして茂木氏は見事にその期待に応え、実質協議は2回目の会合から始める事でライトハイザー米通商代表の合意を取り付ける事に成功した。

 その覚えめでたく、夏休みには、総理たちのゴルフの仲間入りをして、いまや竹下派にもかかわらず、安倍首相の側近になっている。

 だから事実上の初会合である今度の2回目会合では、引き延ばされた米国の要求が、目いっぱいに出て来るに違いない。

 それだけではない。

 中国との交渉が進展せずトランプ大統領はいらついている。

 しかもである。

 安倍首相は東方経済フォーラムに出席し、いまやトランプの敵になってしまった習近平主席やプーチン大統領と一緒になって、トランプ大統領の保護主義を公然と批判した。

 さぞかしトランプ大統領は安倍首相に怒っているに違いない。

 よくも晋三は俺を裏切って、俺が敵対している習近平やプーチンとグルになって俺を批判できるものだと。

 そういえばトランプ大統領は、いくら晋三との関係がよくても、米国からの要求を知れば、日米同盟関係は終わるだろうと脅迫まがいの言葉を吐いていたことが明らかになった。

 その発言の後に、安倍首相はウラジオストックで習近平主席やプーチン大統領との関係強化を誇示し、トランプ批判の大合唱をやったのである。

 トランプ大統領が怒らないはずがない。

 第二回目の日米新通商協議はこの上なく厳しいものになるだろう。

 それを知ってか知らずか、2回目の担当大臣は、茂木氏が代表から逃げ、世耕弘成経済産業相が代表にさせられている(了)

*****



安倍首相はプーチン大統領の
くせ球を見事に打ち返せ


「天木 直人の公式ブログ」  
2018年9月13日より転載


 だから東方経済フォーラムなんかに出席することなく、日ロ首脳会談を終えたらさっさと帰国して石破氏との一騎打ちに専念すべきだった。

 これまでの私だったらそう安倍批判をするところだ。

 しかし、プーチン大統領が前提条件なしで平和条約締結を提案した事を見て、これは瓢箪から出た駒だ、千載一遇のチャンスだと思った。

 もちろん、これはプーチン大統領の「くせ球」である。

 しかし、この「くせ球」を見事に打ち返してこそ安倍首相は、どの首相も出来なかった歴史的偉業を達成できるのだ。

 このままではそのチャンスを逸するだろう。

 この突然の提案に安倍首相は沈黙するしかなかった。

 それは仕方がなかった面もある。

 そこで何か言えばどう転ぶかわからないからだ。

 しかし、少なくとも安倍首相は当意即妙に一言いうべきだった。

 ウラジミール、その提案は本気か。

 本気なんだな、本気で二人で歴史をつくる覚悟なんだな、と脅すべきだったのだ。

 あたかも解散を口走った野田民主党首相を追い込んだ時のように。

 そう迫れば、プーチン大統領は逃げられない。

 前提条件なしで日ロ平和条約が年内に締結される事になる。

 こんなことは誰もが考えた事のなかった歴史的偉業だ。

 私が驚いたのは、菅官房長官が記者会見で、日本政府の立場は「4島の帰属問題を解決したうえで平和条約を結ぶというものだ」とこのプーチン提案を一蹴したことだ。

 もちろん、これは外交というものを何も知らない菅官房長官が、外務官僚の進言をそのまま繰り返したのだ。

 安倍首相とは電話した上での発言だろう(もし電話していなかったらとんでもない越権になる)。

 そして、安倍首相もどう判断していいかわからなかったから了承したに違いない。

 とりあえずこれまでの方針を踏襲しようと話し合ったのだ。

 4島の全面返還と同じように、外務省は従来の方針を変えようとしない。

 それに同調する保守的な有識者も多い。

 北方4島の帰属問題が未解決のまま平和条約を締結すれば領土問題が置き去りにされるおそれが強いからだ。

 批判をおそれて下手な事は出来ない。

 だからきょう9月13日の読売新聞はこう書いている。

 「外交ルートを通じて発言の真意を確認する構えだ」と。

 そんな馬鹿な事を考えているからダメなのだ。

 プーチン大統領が言い出した提案を、どうして官僚たちが外交ルートで確認できるというのか。

 安倍首相がウラジオストックに滞在中に、もう一度プーチン大統領と話し合って確認するしかなかったではないか。

 そこで平和条約締結に合意すればそれで決まりだったのだ。

 いくらリスクが高いからと言っても、このままでは北方領土はロシア領になって終わってしまう。

 少なくとも領土問題を棚上げして平和条約締結を結べば、それを阻止できる。

 平和条約を締結した後にいくらでも交渉はできる。

 そのうちに日ロをとりまく国際環境も変わる。

 なぜ、それがわからないのか。

 谷内正太郎NSC局長が同行していたはずだ。

 なぜ谷内正太郎は安倍首相にそう進言しなかったのか。

 なぜ安倍首相は谷内正太郎に外務省を説得しろと命じなかったのか。

 いまからでも遅くない。

 安倍首相が帰国後に真っ先に行う事は、プーチン大統領に電話して、あの時の提案を受け入れたい。

 9月20日の総裁選で勝利した後、直ちに訪ロして23回目の首脳会談を行いたい。

 そう申し入れることだ。

 それが出来ないようでは、今度こそ安倍外交は何一つ成果がなく終わる事になる。

 私は安倍首相は、この私の助言に従って必ず動き出すと思っている(了)

*****




安倍首相の10月訪中決定で
見えて来た安倍首相の対中従属


「天木 直人の公式ブログ」  
2018年9月13日より転載


 習近平主席との首脳会談で、どうやら安倍首相の訪中が確定した模様だ。

 しかし今度の会談では習近平主席の訪日は確答を得られなかった。

 ここからはっきりと見えた事は、安倍首相の10月訪中は、実は李克強首相が五月に訪日した時点で決まっていた相互訪問でしかないということだ。

 中国にとっては、決して安倍首相と習近平主席との相互訪問に合意したという事ではないのだ。

 しかも習近平主席の訪日は来年6月が想定されている。

 すなわち、来年6月28、29日に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会合への出席に合わせて国賓として来日して欲しいと安倍首相は頼み込んだらしい。

 来年6月といえば、すでに今上天皇が退位された後であり、習近平主席にとってはありがたくもなんともないはずだ。

 安倍首相はなぜ4月末までに訪日して欲しいと招聘しなかったのだろうか。

 習近平主席が今上天皇に謁見することになると、自分の立場がかすむと思ったのだろうか。

 いずれにしても、今度の安倍首相のウラジオストックにおける習近平主席との会談ではっきりした事は、習近平主席にとっては、安倍首相の相手は李克強首相であるということだ。

 習近平主席が余裕で安倍首相と首脳会談に応じたのはそういうことだ。

 日中関係は改善された、米国と戦うためには中国は日本との関係改善が必要なのだ、そう安倍首相が本気で思っているとしたら、おめでたい。

*****
by kuroki_kazuya | 2018-09-14 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)