スキーにはまっています。


by 幸田 晋

原発再稼働なら"北海道大停電"は防げたか

原発再稼働なら

"北海道大停電"は防げたか


9/13(木) 15:15配信より一部

プレジデントオンライン

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180913-00026191-president-soci

■北海道で初めての最大震度「7」

 9月6日午前3時過ぎに発生した北海道の地震は、最大震度「7」を記録した。北海道で初めての大きな震度だった。死者は40人を超えた。

 大規模な土砂災害があった厚真(あつま)町では、北海道警や自衛隊が7000人以上の態勢で懸命な捜索を続けている。

 いくつもの山の斜面が木々ともに崩れ落ち、住宅や田畑を飲み込んだ。今回の大規模な土砂崩れは、どんなメカニズムで発生したのだろうか。

 専門家によると、崩れ落ちた山の地層のうち、「ハロイサイト」と呼ばれる粘土質の地層が、地震発生直前の台風21号の影響による大雨で多量に水分を含んでもろくなり、この層の上に降り積もっていた火山灰の層とともに崩れ落ちたという。

■災害が新局面に突入している

 いわば雨と地震の複合災害である。厚真町のような地層構造は日本中いたるところにある。大雨が降った後に地震が発生すれば、こうした土砂崩れが起きる恐れがある。

 この夏、日本列島は次々と、大きな災害に見舞われた。

 異常な雨が降り続いた「西日本豪雨」。海上の人工島に造られた関西空港を冠水させ、空港機能を奪った「台風21号」。そして震度7を記録した「北海道地震」。

 ここ数年、災害自体が、危険な新しいステージに突入したように思う。

 今後も大規模で深刻な災害が、私たちを襲うだろう。そのときに備え、新たな防災対策を構築する必要がある。

■台風21号の被害を「想定外」にするな

 新聞の社説も、災害の備えや対策について論じている。

 9月6日付の朝日新聞の社説は台風21号の甚大な被害を取り上げ、「まずは被災者への支援と復旧である。同時に強風の恐ろしさを改めて認識したい。しっかりした造りの建物内で待機する。住宅などの一部が壊れて『凶器』と化さないよう、事前に対策を施す。そうした基本を徹底することが大切だ」と訴えている。

 続けて朝日社説は関西空港の前例のない被害に触れる。

 「94年の開港から地盤沈下が続き、04年の台風で浸水したため護岸のかさ上げ工事を続けてきた。それにもかかわらず第1滑走路に最大50センチ水がたまるなど、広範囲に冠水。沖合に停泊していたタンカーが流されて空港と対岸を結ぶ連絡橋に衝突したこともあり、『孤島』となった空港に3千人超の利用客が取り残された」

 滑走路や駐機場に大きな水たまりができ、衝突したタンカーが高波に押し流され、連絡橋に食い込んでいった。

 どうしてあのような事態に陥ったのか。原因の究明と、今後の対策が必要だ。

 朝日社説は「空港の施設や運営についても、事前の想定と対策が十分だったか、幅広い検証が必要だ。『想定外』で終わらせてはならない」と訴えている。

 「想定外にするな」との主張には大賛成である。ただし「想定外」は必ず起きる。今回の災害で、空港職員は復旧のため懸命に動いた。9月4日に冠水したが、7日には運用を一部再開している。こうした現場の対応は評価すべきだろう。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-09-14 06:35 | 九電労組 | Comments(0)