スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<台湾>住民投票の請求相次ぐ 政権が要件緩和

<台湾>
住民投票の請求相次ぐ
 

政権が要件緩和


9/15(土) 17:51配信より一部

毎日新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180915-00000049-mai-cn

 【台北・福岡静哉】台湾で住民投票の請求が相次いでいる。蔡英文政権が請求要件を緩和したためで、計10件の署名簿が提出された。署名簿の審査を経て、投票は11月24日の統一地方選と同時に実施される見通し。住民投票法は総統に対し、投票結果の実現のため必要な措置をとるべきだと定めている。蔡政権の方針と異なる結果が出れば難しい対応を迫られる。

 蔡政権は市民の政治参加を促すとして、住民投票の請求に必要な署名を有権者の5%から1.5%に引き下げ、投票の成立要件も投票率50%から25%へ緩和する改正法を昨年、成立させた。台湾では過去にも数回、住民投票が実施されたことはあるが、投票率50%の壁に阻まれ、一度も成立していない。

 今回は成立要件が投票率25%に大幅に緩和されたうえ、統一地方選と同日実施のため、成立の可能性が高まっている。

 住民投票が請求されているのは、脱原発▽福島県など日本の5県産食品の輸入解禁▽同性婚▽2020年東京五輪に「台湾」名義で参加--の賛否など10件。いずれも要件の約28万人を超える署名簿が提出された。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-09-16 06:44 | オンブズマン | Comments(0)