スキーにはまっています。


by 幸田 晋

ロ大統領報道官に暴露された安倍首相の北方領土問題の大ウソ

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

ロ大統領報道官に暴露された
安倍首相の北方領土問題の大ウソ
 

「天木 直人の公式ブログ」  
2018年9月18日より転載

 とんでもないニュースが飛び込んできた。

 プーチン大統領にいきなり前提なしの平和条約年内締結という「クセ球」を投げられ、何も言い返せなかった安倍首相が、それを攻められて、苦し紛れにNHK政治番組でこう釈明した。

 「実はあの提案があった後に二人でやり取りを交わし、北方領土問題を解決して平和条約を締結するのが日本の原則だと直接反論した」と。

 ところが、この発言を聞いたロシアのぺスコフ大統領報道官は、ロシア国営テレビのインタビューで、プーチン大統領の提案後に「安倍氏本人から反応はなかった。東京と外交官からは反応があった」とすかさず反論したというのだ。

 これは物凄い暴露である。

 どちらがウソをついているのか。

 もちろん安倍首相だ。

 平気でウソをつき続けて来た安倍首相であるが、このウソは致命的
だ。

 なにしろ戦後の日本外交が積み残したの最大の課題である北方領土問題と日ロ平和条約締結交渉に関して、ウソをついたからだ。

 数ある安倍首相のウソの中でも、このウソは直ちに内閣総辞職につながってもおかしくない深刻なウソだ。

 私は繰り返し書いて来た。

 国民にウソをつくことは出来ても、世界は騙せないと。

 このウソで世界の首脳は知った。

 安倍は信用できない男だと。

 ところが、これほど致命的なぺスコフ大統領報道官の暴露発言を、きょうの読売や産経は報じない。

 当然だろう。

 騒ぎ立てればたちどころに安倍首相の失脚につながるからだ。

 ところがその他の新聞もほとんど報じない。

 東京と毎日が小さく報じているだけだ。

 この国のメディアは絶望的だ。

 はたしてこの安倍首相のウソもまた見過ごされて終わるのだろうか
(了)

*****



「米朝が接近して朝鮮戦争は終わる」
と断じた佐藤優は正しい
 

「天木 直人の公式ブログ」  
2018年9月18日より転載


 第三回目の南北首脳会談が始まった。

 果たして文在寅大統領は金正恩委員長に非核化を説得できるか。

 説得し、その成果をトランプ大統領に伝え、米朝合意の仲介役を果たす事が出来るのか。

 世界が注目する中で、いち早く「米朝が接近して朝鮮戦争が終結することになる」と断じた人物がいる。

 佐藤優がそれだ。

 今日発売のアサヒ芸能(9月27日号)「ニッポン有事」で書いているのを見つけた。

 筆者(佐藤)が某筋から得た情報では、ポンぺオの突然の訪朝延期はトランプ大統領が硬化したのではない、国務省と言う官僚組織に縛られているポンぺオでは北朝鮮と取引が出来ない、だから、金正恩委員長が、直接トランプ大統領と交渉したいと、トランプ大統領に申し入れ、トランプ大統領がそれに応じたからだというのだ。

 そして、金正恩委員長は段階的に核兵器廃絶に踏み切るつもりだという。そうすればいますぐ「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」を北朝鮮が実施しなくてもトランプ大統領は、朝鮮戦争終結宣言に踏み切る可能性があるというのだ。

 この点に関しては、偶然にも今日発売のサンデー毎日(9月30日号)で浅川新介氏も書いている。

 じつは北朝鮮は相当譲歩した非核化に向けたロードマップ(行程表)を用意している(北京の情報筋)と。

 そして佐藤優は続ける。

 そうなれば、米軍を中心とする朝鮮国連軍が解体される。

 それが直ちに在韓米軍の撤退にはつながらないとしても、朝鮮半島における米軍のプレゼンスは著しく低下すると。

 私もそうなるだろうと思っている。

 私には佐藤優のような情報源はないが、佐藤優は世界一確かな情報源に基づいてそう言っているのだから間違いない。

 最後に彼はこう締めくくっている。

 「・・・南北間のヒト、モノ、カネの移動が円滑になる。そうなれば必然的に中国の影響が朝鮮半島全域に強まる。地政学的には韓国は、中国に引き寄せられることになる。その結果、日本と中国の緊張は一層高まる」

 この結論は、しかし、日本次第だ。

 安倍首相が日本の首相である限り、そうなる。

 佐藤優はそう断言すべきである。

 そう書かないところが、佐藤優は隠れ安倍派であると私が考えるゆえんである(了)

*****



「政界再編の核は自民党から出る」
という田中秀征の真贋
 

「天木 直人の公式ブログ」  
2018年9月18日より転載


 まず、次の記事を黙ってお読みいただきたい。

 「・・・対抗勢力たる野党の責任はもちろん重い。何よりも、民主党が自分たちの政権の失敗を総括したかどうかだ。民主党という割れた甕がある。その破片を拾って復元しようという話しだが、きちんとした総括がない限り、決して蘇らない。(きちんとした総括とは)当時、指導的な立場にあった人たちが責任を取る事だ。そもそも責任を取って議員を辞めるべき人たちがまた指導者になっている。厳しい言い方だが、それはむしろ邪魔だ。次の者が生まれない。だから政界再編の核は、自民党の中から出て来るのではないか・・・」

 これは、石橋湛山に源流を発した自民党の保守リベラル派に身を置く元衆院議員の田中秀征氏が、発売中のサンデー毎日(9月30日号)誌上で倉重篤郎毎日新聞専門編集委員に語った言葉である。

 民主党について語る部分は私が書いて来た民主党批判とまったく同じだ。

 しかし、政界再編が自民党を核として起きるという点については、そうなれば面白いと思うが、私は懐疑的だ。

 権力を握った自民党が二つに割れる事はない。

 自民党の中の派閥交代による疑似政権交代が復活するというのがせいぜいだ。

 安倍一強はやがて終わるだろうが自民党一強は続く。

 野党の崩壊によって、これまで以上に半永久的に続く。

 そんな政治状況の中で、野党の存在意義をどこに見出せばいいのか、そういう時代が来るという事である(了)

*****



東京新聞はいい加減
中国たたきをやめたらどうか
 

「天木 直人の公式ブログ」  
2018年9月18日より転載


 中国嫌いの東京新聞が、またしてもきょう9月18日の社説で中国批判の社説を掲げている。

 すなわち、8月下旬に北京で開かれた「全国宣伝思想工作会議」における習近平主席の演説を引用し、習近平の言論統制強化の強国路線は許せないと書いている。

 言論統制批判もいいだろう。

 しかし、米国に軍事的に従属した安倍首相の日本が、いま憲法9条を放棄して中国との軍事的衝突も辞さない構えでいる時、批判すべきは中国ではなく、安倍政権ではないのか。

 憲法9条を守れと安倍首相を批判する朝日新聞は、同時にまた安倍首相と同じく日米同盟最優先論者だ。

 そんな矛盾は朝日新聞だけで十分だ。

 憲法9条を守れと安倍首相を批判する東京新聞は、しばし中国批判をやめて、南シナ海まで出かけて行って軍事演習する安倍首相の憲法9条違反ぶりを責めたらどうか。

 なぜひと月ほど前の習近平主席の発言を持ち出して、いま中国叩きをする必要があるのか。

 憲法9条が求めているのは、米国との同盟関係を止める事と同時に、中国を含めたアジアとの平和共存の構築だ。

 それを妨げるような中国批判は、いましばらく控えたらどうか。

 それとも、東京新聞もまた読売や産経と同じく、中国嫌いが社是であるとでもいうのだろうか(了)

*****
by kuroki_kazuya | 2018-09-19 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)