スキーにはまっています。


by 幸田 晋

石破氏と石破氏に投票した自民党議員が政局を動かすことになる

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

石破氏と石破氏に投票した自民党議員が
政局を動かすことになる


「天木 直人の公式ブログ」  
2018年9月24日より転載


 どう考えても展望の開けない政局を前にして、そうなれば面白いと私が考える一つのシナリオを考えてみたい。

 私がそう思ったのは発売中の週刊ポスト(10月5日号)に掲載された「石破と玉砕『反乱軍50人』のああ無情」という記事を読んだからである。

 その記事の中には、ドン・キホーテになることを承知の上で強大な安倍政権に挑むことを表明していた国会議員の本音が語られていた。

 その中の大部分は、何もいま安倍政権に反発する必要もない境遇にありながら、干されることを覚悟して石破議員に同調して反旗をひるがした者ばかりだ。

 いかにも判官びいきの日本国民が共感する者たちだ。

 この週刊ポストの記事は総裁選の前に書かれた記事に違いない。

 だから総裁選後は安倍首相による「安政の大獄」が待っている、ああ無情と同情的に書いている。

 しかし、選挙結果は予想以上に地方票が石破氏に集まった。

 石破支持の国会議員の数さえも、予測より多かった。

 それを見たメディアは、安倍擁護の読売、産経も含め、安倍政権にとって厳しい結果だったと書いた。

 そしてきょう9月24日の読売や共同の世論調査でも、世論ははっきりと、安倍1強に不安と不信をしめした。

 これを要するに、石破と石破を支持した国会議員は、週刊ポストの記事のように粛清されて終わる事にはならないということだ。

 覚悟を決めてこれから安倍暴政に対峙していけば、あたかも大石内蔵助や赤穂浪士のように判官びいきの世論の圧倒的な支持を得られる可能性があるということだ。

 国民の鬱屈は爆発寸前だ。

 もしいま直ぐに選挙があるなら、これら石破氏に投票した議員は、名を明かして反安倍の政策を掲げて国民に訴えれば、それだけで当選する可能性が高い。

 政治家は当選がすべてだ。

 これからも石破氏に続く政治家は増えて行くに違いない。

 いますぐ自民党を飛び出して石破新党を作れというつもりはない。

 そんなことをすればその時点で終わってします。

 それよりも、自民党の中で石破支持者を増やすことだ。

 自民党内の反安倍派を結集して大きな派閥づくりにつとめるべきだ。

 そして、安倍政権が行き詰った時こそ、自民党を乗っ取り、野党を巻き込んで石破救国政権を目指すべきだ。

 安倍政権が行き詰る可能性はどんどん高くなっていくだろう。

 しかし、今のままでは安倍政権に代わる政権は見当たらない。

 これは日本国民にとって不幸だ。

 だからこそ石破氏は、石破救国政権の準備を進めなくてはいけないのだ。

 果たして石破氏にその考えがあるのだろうか。

 石破氏の側近にはそれを考える知恵者がいるのだろうか(了)

*****



小泉進次郎がここまで熱心に
沖縄入りして応援する理由
 

「天木 直人の公式ブログ」  
2018年9月24日より転載


 沖縄知事選の自民党候補者の応援のため、小泉進次郎は何度も沖縄入りをし、熱心に自民党候補の応援をしている。

 新潟知事選の時は自民党候補者の応援を断った小泉進次郎が、なぜ沖縄知事選ではこれほどまでに熱心に自民党候補を応援するのか。

 その理由はいくつかある。

 新潟知事選の時は、おやじの小泉純一郎の反原発に敬意を表して応援を見送ったのかも知れないが、今度はそのような配慮は要らない。

 そして、今度の知事選は新潟の知事選以上に負けられない選挙だ。

 おまけに選挙事情は翁長知事の弔い合戦だから新潟県知事選よりもはるかに厳しい。

 安倍政権の強い要請に断り切れず応援する事になったのかもしれない。

 そして、頻繁に応援しなければいけないほど選挙情勢は自民党にとって厳しいのかもしれない。

 しかし、そんなことよりも、はるかに大きな理由がある。

 それは、小泉進次郎自身にとって辺野古移設が阻止されては困る事情があるのだ。

 その事情とは何か。

 それは、小泉進次郎自身が日米同盟強化を誰よりも願う政治家であるからだ。

 そもそも小泉進次郎が政治家になれたのは親の七光りだ。

 しかし、それだけではない。

 小泉進次郎が、親の七光りを利用して、ジェラルド・カーティスコロンビア大学政治学部教授や米国のシンクタンクである国際問題研究所(CSIS)のマイケル・グリーン副理事長(当時)の助けを得て、学歴ローンダリングまがいの箔をつけて政治家になった男であるからだ。

 政治家としての本質が対米従属であり、米国の意向に逆らえないのだ。

 「辺野古移設阻止」を阻止することは、米国にとって小泉進次郎という政治家が役に立つかどうかのリトマス紙なのである。

 安倍・菅暴政コンビの辺野古移設強行の象徴こそ小泉進次郎であるという事である(了)

*****



政治家失格でも
政治評論家なら超一流になれる橋下徹


「天木 直人の公式ブログ」  
2018年9月24日より転載


 9月22日(土)の朝8時から放映された日テレ「ウェークアップ!プラス」をたまたま見た私は、驚き、そして思わず笑ってしまった。

 ゲスト出演した橋下徹が、朋友である御用司会者の辛坊治郎を前に、そして、御用政治評論家の田崎史郎の面前で、小泉進次郎、麻生太郎、日本維新をばっさり切り捨てたのだ。

 すなわち、小泉進次郎には失望させられた。口先ばかりで行動が伴わない。これでは政治家でいるだけが目的の大多数の政治家と同じではないか、やりたい事を実現する本来の政治家ではなかったということだ、と酷評したのだ。

 そして返す刀で組閣人事に触れ、安倍首相は麻生財務相を絶対留任させてはいけない、文書改ざんの責任をとって交代させるチャンスなのに、ここで留任させては国民に説明がつかない、と述べたのだ。

 正確な表現は思い出せないが、言いたい事はそういうことだ。

 安倍政権に批判的な政治評論家でもここまでは言えない。

 なにしろ小泉進次郎は安倍政権の広告塔であるし、国民的人気のある政治家だ。

 麻生太郎はいまや安倍首相のパトロンの如き人物であり、だからこそ安倍首相がはやばやと留任を決めた人物だ。

 その麻生太郎を更迭させろ、それが民意だと進言したのだ。

 安倍首相は衝撃を受け、麻生太郎は激怒したに違いない。

 ついでにつけ加えれば橋下徹はこうも言った。

 新内閣の顔ぶれを今とやかく予想して何になる、そんなもん、顔ぶれが決まってから評論すればいいのだと。

 まるで田崎史郎の存在価値などないと言わんばかりだ。

 そして返す刀で日本新党を切り捨てた。

 自分が作った大阪維新の会は別だが、あんな生意気な政治家ばかりになった日本維新は嫌いだ、と。

 この橋下徹の発言は間違いなく政界で話題になっているだろう。

 今後、週刊誌などで取り上げられるだろう。

 どうやら橋下徹は、政治家になることをあきらめたようだ。

 そのほうがいい。

 政治家は失格でも、政治評論家としては一流になれる要素十分である(了)

*****
by kuroki_kazuya | 2018-09-25 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)