スキーにはまっています。


by 幸田 晋

社説:伊方原発決定 不安に向き合ったのか

社説:

伊方原発決定 

不安に向き合ったのか


9/26(水) 12:19配信より一部

京都新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00000015-kyt-soci

 火山噴火が原発事故を引き起こすことはめったにないから、再稼働は容認できる-。広島高裁が四国電力伊方原発3号機(愛媛県)について出した決定である。
 住民の不安に向き合ったものとは言い難い。拙速な再稼働は禍根を残さないか。
 昨年12月に同じ広島高裁が同原発の運転を差し止める仮処分決定を出したが、四国電力が異議申し立てを行い、同高裁は異議を認めた。四国電はただちに再稼働手続きに入る見通しだ。
 広島や長崎の被爆者らが2016年3月に運転差し止めを求めて広島地裁に提訴と仮処分の申し立てを行った。同地裁は17年3月に差し止めを認めない決定を出したため、住民側は広島高裁に即時抗告を行い、同年12月に運転差し止め決定が出ていた。
 昨年12月の即時抗告審決定は、同原発から約130キロ離れた熊本県の阿蘇カルデラで大規模噴火が起きれば、火砕流が原発敷地内に到達する可能性があるとして、四国電の火山リスクの想定は過小と判断していた。
 一方、今回は「大規模な破局的噴火が起きる可能性の根拠が示されていない」などとして正反対の結論を出した。
 「運転期間中に大規模噴火が起きる可能性は低い」と主張した四国電の主張を全面的に認めた形だ。その理由は次のような内容だ。
 国が原発に重大な損害をもたらす火山噴火に対して具体的な対策を決めていない上、国民の多くもそれを問題にしていない。だから社会通念上、伊方原発の安全性は欠けていない-。
 国が想定していないから安全という考えだ。社会通念や想定を超えた福島第1原発事故の反省を踏まえているとは思えない。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-09-27 06:48 | 核 原子力 | Comments(0)