スキーにはまっています。


by 幸田 晋

大幅遅れ来年3月以降 第一原発3号機核燃料取り出し

大幅遅れ来年3月以降 

第一原発3号機核燃料取り出し


9/28(金) 11:59配信より一部

福島民報

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00001121-fminpo-l07

 東京電力福島第一原発3号機の使用済み核燃料プールからの核燃料取り出し開始が二〇一九年三月以降にずれ込む見通しとなった。東電は不具合が生じていた燃料取扱機とクレーンを仮復旧させ、年末まで詳細な安全点検を実施する。年明けにも設備を本格復旧させる方針だ。作業員の訓練期間を含めると、政府と東電が定める廃炉の工程表「中長期ロードマップ」で掲げた開始目標の二〇一八(平成三十)年度中頃から大幅に遅れ、今後の廃炉作業への影響が懸念される。

 東電は二十七日、不具合が相次いでいる燃料取扱機とクレーンの潜在的な不具合の有無を調べる安全点検の実施方針を示した。今月中に稼働できる状態に戻し、十二月末までプール内から模擬燃料を搬出するなどの動作確認を進め、新たな不具合が生じないか調査する。部品の劣化やさびなどがないかも改めて調べる。

 東電のこれまでの調査で燃料取扱機のトラブルの原因となったケーブル以外に、クレーンを含めた制御系のケーブル七十六系統のうち十一系統で新たな異常が判明した。東電はさらなるトラブルが発生しないように詳細点検に乗り出す。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-09-29 06:58 | 東電 出鱈目 資本 | Comments(0)