スキーにはまっています。


by 幸田 晋

タンク水75万トン基準超 福島第一、放射性物質を再浄化へ

タンク水75万トン基準超 

福島第一、
放射性物質を再浄化へ


東京新聞 2018年9月29日 朝刊より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201809/CK2018092902000143.html

 東京電力は二十八日、福島第一原発のタンクで保管している汚染浄化後の水について、八割以上に当たる七十五万トンに、トリチウム以外の放射性物質が法令の排出基準を超えて残っているとする調査結果を明らかにした。海洋放出など処分する場合は再浄化する方針。十月一日、水の処分について検討している政府の有識者会議で表明する。 (宮尾幹成)

 福島第一で発生する汚染水は、放射性セシウムやストロンチウムなど大半の放射性物質を多核種除去設備(ALPS(アルプス))で浄化処理している。東電は、水から分離が難しいトリチウム以外は、除去できているとしてきた。

 調査結果によると、八月上旬の時点で八十九万トンの処理済み水を保管し、そのうち七十五万トンはトリチウム以外の放射性物質が浄化しきれず、基準を超えて含まれていた。十六万一千トンは基準の十~百倍、六万五千トンは基準の百倍以上だった。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-09-30 06:45 | 東電 出鱈目 資本 | Comments(0)