スキーにはまっています。


by 幸田 晋

脱原発目指す台湾、天然ガス受け入れ基地を桃園に建設へ

脱原発目指す台湾、
天然ガス受け入れ基地を

桃園に建設へ


10/9(火) 20:05配信より一部

中央社フォーカス台湾

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-00000009-ftaiwan-cn

(台北 9日 中央社)2025年の脱原発を目指し、代替エネルギーの導入を急ぐ蔡英文政権。行政院(内閣)環境保護署は8日、新たな天然ガスの受け入れ基地の建設可否に関する会議を召集し、賛成多数で建設可能とした。だが、建設予定地となる北部・桃園市の沿岸部一帯には海の生物が多く生息する藻場があり、環境保護団体は基地の建設が環境に影響を及ぼすとして反発している。

政府は2025年までに脱原発を目指すほか、二酸化炭素を多く排出する石炭火力の発電比率を下げ、再生可能エネルギーによる発電を20%、天然ガスを使った火力発電を50%に引き上げる目標を打ち出した。だが、電力の安定供給への課題は依然として残されている。昨年8月中旬には、台湾の広範囲に及ぶ大停電が発生。北部の重要な火力発電所、大潭発電所(桃園市)で燃料となる天然ガスの供給が石油大手の国営企業、台湾中油の誤操作で一時中断されたことが原因だった。

大潭発電所への天然ガスの安定供給を図るため、台湾中油は桃園市の沿岸部に天然ガスの受け入れ基地の建設を計画。昨年5月、環境保護署に建設案の検討を提案した。だが、藻場の生態系への影響を懸念した環境保護団体が反対。台湾中油は開発範囲の縮小など計画修正を図るも、協議は1年余りにわたって平行線をたどった。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-10-10 06:45 | 九電労組 | Comments(0)